スマホやパソコンは自分の思い通りにならないからカワイイ?

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

郵便局に行ったら、なんと、年賀状を勧められました。
もう、そんな季節。
以前は、一生懸命、年賀状を作っていたのですが、今は、出さないコトにしたので、枚数は、本当に少なくなっています。
でも、ナゼか、一生懸命作ります (^0^)

メールや個人情報保護法、さらには、高齢社会で年賀状は年々減っているようには思います。
それでも、お正月に届く年賀状には、気合いを感じるんです。
子どもや、お孫さんの写真などを使ったオリジナル年賀状。

パソコンが普及して、年賀状のデザインを自分で作る人も増えたと思いますが、悩む人も多くなったと思います。
1度でも作ってみるとわかるのですが、サンプルのように素敵な年賀状を作るのは、、

とても
とても
とても

難しいです。
サンプルのようには、なかなかできません。
それこそ、悪戦苦闘。
パソコンに向かって怒号が飛び交うことに。
「こんなことも、できないのか?」
「なんで、こうなる?」
「マニュアル通りにやったのに?」
などなど

パソコンに向かってクレーマーになったら

まずは、落ち着きましょう。
といっても、そう簡単にはいきませんよね。
なんせ、相手は、こちらの言い分を一切、受け付けない強者。
そう簡単に冷静になんかなれません。
なれるワケがないんです。
思い出しただけで、怒りが〜
ということで、漢方の動物生薬である羚羊角が良いんです。
脳の再起動ができるから。
私は、リセットボタン、って勝手に呼んでます。

そもそも、脳は使いすぎると思考力が低下します。

もの忘れ
イライラ
集中力の欠如
不眠
意味不明な落ち込み

これらの症状は脳が疲れていることを訴えているんです。
パソコンやスマホだって、長時間、動画とかを見ていると本体が熱くなりますよね。
脳だって同じく、使いすぎると熱をもつんです。
この余分な熱を冷ますの冷却剤が、羚羊角なんです。

Share Button