喫煙はガンを貯金するコトが証明されてしまった、もちろん妊活にだって影響する

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

パンダ

今朝、いつものようにネットでニュースを確認していたら、やっぱり、という研究報告を発見。
タバコとガンについて。

喫煙で遺伝子変異年150個=肺がんリスク上昇、5千人分析
たばこを毎日1箱吸うと肺の細胞に異常が生じ、遺伝子の突然変異が年に150個蓄積する

引用:毎日新聞2016年11月4日 03時00分(最終更新 11月4日 03時00分)

内容を読んでいると、タバコ(喫煙)は、突然変異の遺伝子を作り、貯金するらしい。
さらに、遺伝子の突然変の場所が肺だけではないということ。

肺、喉頭、口腔(こうくう)、膀胱(ぼうこう)、肝臓、腎臓

ここまで、しっかりと調査されると、

ガンになりたいから喫煙する?

病気は自分で作っているんです。
誰も、病気になって欲しいなんて思っていないのだから。
誰のせいでもないんです。
自分の普段の選択していることや、行動していることが病気を作っているということ。

禁煙は妊活です

不妊治療では常識です。

人工授精の1周期あたりの妊娠率が排卵誘発なしで4〜5%、
排卵誘発した場合で8〜10%なのですが、どちらかが喫煙者だとこの妊娠率が
半分になるということです。
妊娠率を高めるために排卵誘発しても4〜5%に低下してしまうんです。

引用:夫婦どちらかがタバコを吸うと妊娠率が半分になります

喫煙には、沢山の言い訳があります。
実際には、どうなんでしょう?
病気になりやすいだけではなく、妊娠しにくいカラダに。

まだまだ、あります。

PM2.5よりタバコが怖い

日本ではタバコが最大のPM2.5の発生源であることをあまりご存知ない方が多いように思います。日本禁煙学界のホームページには「日本では国内の受動喫煙が最大のPM2.5問題です」と題した資料を提供し、「禁煙でない日本の飲食店内は1月13日の北京の大気と同じPM2.5レベルです」

 

PM2.5により次の世代の卵子の数が少なくなってしまいます。

引用:松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ

他にも、喫煙による妊活問題は沢山あります。
プラス要因は0% !
過去記事まとめ:喫煙

 病気になりたいし、子どもも欲しくないということなのでしょうか?

漢方で対応することは、できないことではありません。
もちろん、お金がかかります。
タバコを購入し、そのために、漢方も購入するって、どう思います?
禁煙したら、購入代金を貯金できますよ (^0^)
どうしても、禁煙が無理なら、漢方相談にきてください。
喫煙しながらの漢方をお勧めしますので。

最後に喫煙でストレスは増えるだけ


タバコが吸いたいという欲求
タバコが吸いたくてイライラする

もう、この状態がストレスですよね。
つまり、タバコがストレスを増やしているんです。
タバコが吸えない人には無いストレスだから。
さらに、タバコを吸っても、本来のストレスは減らないんです。
タバコを吸って、仕事が減りますか?
タバコを吸って問題が解決しますか?
つまり、タバコはストレスを増やすだけなんです。
でもね、喫煙したいって、言い訳を一生懸命考えるんです。
自分の意思では無く、タバコに思考や考えをコントロールされて。

分かっているけど辞められない
のではなく
辞めたくないだけなんです。

自分の将来を考えてみて、ナニが必要なのか、そしてナニを選択するのか。
選ぶのは自分自身です。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です