ぐっすり睡眠は夏だから始められる早起きから

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

Thumb PH00889 1024

日の出が早いですよね。

早起きすると、1日の時間も増えた感じがします。

これ以外にも早起きは健康にもいいんです。

人の体にはリズムがあります。

生体リズムやサーカディアンリズムと言われています。

良く言われている体内時計のこと。

ところが、この生体リズム、チョットだけやっかいなことが。

1日は24時間なのに、生体リズムは約25時間といわれています。

個人差がありますから、必ず25時間というわけではないのですが、それでもズレているのは理解できますよね。

1時間の遅れは、そのままにしておくと夜型の生活になってしまいます。

そこで、大切なのは、リセット。

つまり、体内時計の修正ですね。

修正の方法はいたって簡単。

朝日を浴びることとタンパク質の豊富な朝食を摂ること。

人の体内は日中の活動量やその日に浴びた光の量によって眠りを誘発するメラトニンとうホルモンが分泌されるから眠くなるんですね。

夜、眠れない方は、まずは早起きしてみてはどうでしょう。

地球に生きている動植物のほとんどが「時計遺伝子」の働きで昼夜、さらには季節まで対応した生き方ができるんです。

もう一つ、大切な賀の食事。

ダイエットでも朝食が大事と言われていますよね。

理由は、昼の活動エネルギー源として使われるので、夜の食事に比べて脂肪として蓄えられにくいからなんです。

炭水化物も大事ですが、タンパク質がもっと大事。

パンだけ、ご飯だけ、などの糖質重視の朝食では体内時計の調整が上手くできないんです。

脂肪分解やエネルギー代謝に関わっている肝臓を元気にするタンパク質とカラダの調整役であるビタミンやミネラルが重要なんです。

バランスの良い食事が、質の良い睡眠にも繋がるんです。

だから、早起き

Thumb IMG 0749 1024

早起きすることで朝日をタップリ浴びることもできますし、時間があるのでゆっくり朝食も食べることができます。

タダでできる、最高の健康法なんです。

Share Button