ココロとカラダが重い時って雨のせい?

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

Thumb PH00612 1024

雨、、、

湿気、、、

なんか、気持ちが停滞気味に、、、

実は、気圧の変化にカラダは敏感に反応します。

たとえば、、、

カラダが重い

なんとなく帽子を被った感じになる

吐き気

下痢

などなど

どちらかというと、女性の方が感じやすいようです。

ホルモン分泌や神経系のバランスが崩れていると言われていますが、原因は、良くわかっていません。

そのため、対応方法も曖昧(あいまい)。

原因不明は中医学(中国漢方)で

Thumb PH00467 1024

雨が近づくことで、空気中の湿がカラダに影響しているって中医学の考えです。

中医学での湿って、カラダにとって活用できない水分やカラダに溜まって流れない停滞水などのこと。

使い道のない水分って雰囲気 (^_^;)

中医学では、この雰囲気って大切だったりします。

原因が湿で体調が不調になるため、天候を事前に分かるコトもあります。

そこで、中医学ではこの時期に湿を取るための漢方薬を使います。

五苓散、平胃散、勝湿顆粒などなど、種類は豊富 (^0^)

選ぶのが大変なんですけどね。

即効性もあります。

特に冷たい飲み物や食べ物が好きな方には勝湿顆粒はオススメです。

食べた後に、お湯に溶かした勝湿顆粒を飲んでおくだけで、カラダが軽くなる感じがするんですよ。

夏こそ温かい食べ物を

Thumb PH00469 1024

コーヒーが大好きな私は、夏でもホットコーヒーです。

夏を上手に過ごすことは冬を上手に過ごせるということでもあるんです。

Share Button