熱中症と夏バテは違うから夏を楽しむための準備をしないと

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

青森市も少しずつ夏らしくなってきています。

Thumb IMG 0250 1024

特に、アスパム周辺のねぶた小屋は、熱気ムンムン。

でも、気になりますよね。

暑さ

いや、こちらの熱さかも (^_^;)

暑いと気になるのが水分補給。

水分補給の環境を整えておく

勘違いしている方が多いので、、、

夏バテと熱中症は違います。

熱中症の仕組みって知ってます?

知らないのに、対策ってできませんよね。

熱中症対策と言えば、水分補給。

水分も飲めばいいということではありません。

気になる熱中症は汗をかくことで水分だけではなく体内のミネラルも使われています。

そのため、体内のミネラル濃度が低下します。

ここで、カラダはスゴいコトを始めるんです。

汗で血液中のミネラルがカラダの外に出てしまい、ミネラルの血中濃度が下がります。

血中濃度を回復するために、なんと、カラダは水分を減らそうと、さらに汗をかいて、水分をへらしてバランスをとろうとするんです。

ミネラルの割合が減るのですから、水分を減らして割合を保とうとするんです。

ミネラルがいつ補給されるかわからないから (^_^;)

そのため、脱水症状になってしまいます。

つまり、汗をかくことで、脱水症状になりやすい「カラダ」にしているんです。

熱中症と勘違いするの症状に「ペットボトル症候群」があります。

詳しくは過去記事で:スポーツドリンクで脱水症状と急性糖尿病

本当の夏バテって

Thumb PH00948 1024

夏バテは暑さで体力が次第に消耗してしまい疲れが抜けなくなり、暑さに対する抵抗力が低下していく状態のことです。

つまり、汗をかいてカラダの水分が急激に不足しておこる熱中症とは違います。

中医学では水分や血を動かすエネルギーが「気」です。

元気の気でもあります。

汗と一緒に流れ出るミネラルが気に近いかも。

気が不足すると血を動かす力が弱まるため脳梗塞などにも繋がりやすくなるのが「夏」なんです。

熱中症も夏バテも、気の働きが大切。

気と言えば、動物生薬の「牛黄」。

ドリンク剤にも使われているので、ラベルを見て選んでくださいね。

でも、カプセルの方が安いかも (^0^)

Share Button