妊活には勘違いしている努力がある

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

Dr.邵輝 先生の勉強会 英ウィメンズクリニックにて
Dr.邵輝 先生の勉強会 英ウィメンズクリニックにて

今回は、短いです。

ナゼなら、この言葉に多くの意味が含まれているから。

「結果はどうであれ、病院はできるだけの努力をしましたが、あなたは何をしましたか」

師匠である医学博士 邵輝 先生の言葉です。

邵輝 先生は、不妊専門病院で漢方外来を担当しておられます。

日本の高い不妊治療技術を頼みに中国や香港、台湾からも患者さんが来られます。
が病院や交通費、宿泊代にいくら高いお金を払っても、来日前にご本人が体作りをしないと 卵子が成長していなければ病院側はどうしようもできません。
子供を作るのは 病院ではなく自分です。
不妊治療において、全て先生に任せっきってしまうのは間違いです。
(健康プラス 20号より)

病院へ通うことが努力になっている

 

精子

不妊治療はとても大変です。

私達、夫婦も体外受精で子供を授かったのでよくわかります。

そして、私も勘違いしていました。

「病院へ通っているから大丈夫」

「頑張っているよね」

でも、通うことのナニを努力しているのでしょうか?

良い卵子、良い内膜、良い精子

妊活で、とても大切なコト。

そして、自分でしか改善できないこと。

病院はしっかりと治療はしてくれます。

そして、最善をつくします。

でも、卵子と精子が良い状態でなければ難しいんです。

卵子が良いだけでも難しいですし精子が良いだけでも難しい。

精子を良くするって、病院ではナニもしてくれませんよね。

夫婦で妊娠しやすいカラダ作りをすることが妊活で大切なことなんです。

病院に行く事は 努力ではない 自分の体は自分で作る

高木

今回の記事は、友人のブログを参考にしました。

是非、読んでみてください。

参照:タカキ漢方薬局

Share Button
Tags: