日本の七草粥で無病息災、中国ではら八粥(らーばあ)薬膳

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

食材

今日は1月7日。

日本の習慣では七草粥を食べます。

年末年始の食べ過ぎ飲み過ぎた胃腸を休めるという漢方的意味もありますが、無病息災を願うのが七草粥と言われています。

以前にも書きましたが、七草には解毒作用さらには消化を促進し、酒による熱を冷ます効果があります。

実は、中国でも、この時期に食べる「ら八粥(らーばあ)」というお粥があります。

日本と違って中国では旧暦なんです。

旧暦の12月8日前後(新暦1月8日頃)に作って、仏前に供えたり、親戚や親しい人に贈る習慣があるんです。

今でもあるのかな〜

この日は、お釈迦さまが悟りを開いた日とされていて、寺院が粥を炊いて祝っていたそうで、それが巷に広まったと言われています。

ら八粥は、粥の中にクルミ、小豆、蓮の実、ナツメ、落花生などが入っています。

クルミには補腎・健脳作用、小豆には利尿作用、蓮の実には消化促進と精神安定作用、ナツメには増血作用、落花生には消化促進作用があるんです。

胃腸が弱っている時、またはお年寄り、病後・術後の人などにオススメ。

薬膳としての効果も期待できるんです。

漢方とお粥のコラボで効果アップ

ハーブ

私が研修中、中国で、お粥といえば、朝食のメニュー。

お粥の変わった使い方として漢方薬を服用する時にも一緒に食べることがあります。

風邪による頭痛・発熱などの症状改善に用いる桂枝湯の服用法の一つとして、「桂枝湯を服んだ後、すぐに粥を食べるとよい」と有名な古典「傷寒論」に書かれています。

食べるモノには全て意味があるというのが漢方(中医学)です。

お粥で胃腸の働きを助け、体力を充実させることによって、薬の発汗解熱作用を高め、邪気を除去するという効果を期待しているんです。

普段の食事が良薬という「薬食同源」の漢方(中医学)の教えです (^^)

Share Button