卵子から母乳が終わるまで子供は食べ物を選べない

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

妊活で、必ず伝えていることに「食事」があります。

卵子の成長は180日

卵子は、約180日で成長し、排卵します。

受精して、妊娠。

ようやく出産、、、

で終わりじゃありません。

母乳で子育て。

あかちゃん

生まれてくる子供の卵子の状態から母乳まで、お母さんの食べたモノだけで成長しているということ。

漢方での妊活は母乳が終わるまでなんです。

妊娠してゴールではありません。

母乳と食事って気になりますよね

野菜

授乳中の栄養って、、

チョット考えてみると、、、

分からないコトだらけでですよね。

曖昧な知識と情報。

まずは母乳について。

母乳は血液から作られているのは知っていますよね。

つまり、お母さんが食べたモノが血液中に流れ、そこから母乳が作られると言うこと。

血液は赤く母乳は白いので、なんとなくイメージしにくいのですが、母乳に影響の無い食べ物や薬は無いと思います。

何らかの影響があると思っていいのではないでしょうか。

影響にもいろいろ。

影響というと、悪い部分だけ考えがちですが、良いことの方が多いはず。

では一般的に、悪い影響があると言われているモノって、、

アルコール

これは、誰もが理解できると思います。

ちなみに、アルコールを分解した後の老廃物って体外に排出されるまで時間がかかるって知ってます?

お酒を飲んで1日過ぎても大丈夫じゃないかもしれないんです。

妊娠前から、母乳が終わるまでは、アルコールを飲まないのが精神的に楽なはず。

カフェイン

実は、カフェインって母乳に含まれちゃいます。

意外と知られていないことですよね。

私が感じていることですが、日本人ほどカフェインに浸っている国はないかな〜って。

妊娠中も母乳中も平気でお茶を飲みますから。

寝る前に、お茶を飲んで眠れるって意外と凄いコトかもしれません。

コーヒーのデカフェが海外ほど売れないのも、分かる気がします。

脂肪分

特に注意したいのは甘いモノです。

身の回りの甘いモノって脂肪分が多いように思いませんか?

母乳を詰まらせる原因として知られていますよね。

でも、辞められない。

さて、子供と「甘いモノ」

選ぶのは、お母さんです。

タバコ

これは、もうね、論外というか、書きだしたら止まらないので。

皆さんも「健康に悪い」とわかっていること。

もちろん、母乳にだっていいこと一つもないです。

お金を燃やせる火とっていませんよね。
でも、タバコに変えると燃やせます。

タバコって灰しか残りません。

薬とサプリメント

薬については、全ての薬が問題だと思います。

なぜなら、薬のほとんどが、血液中にはいりこむことで効果があるからです。

つまり、母乳に影響が無いとは、考えにくいんですね。

サプリメントだって同じです。

実は、中医学(中国漢方)ほどサプリメントに詳しい学問はないと思います。

もっとも歴史が古く、あらゆるモノを食べ、時間をかけて選択してきているのですから。

もちろん、妊娠中も、授乳中も、妊娠前も、実際に使った結果から方法として残っているのですから。

記録にさえ残っていないモノは、、、、

それなりです (^^;)

漢方だって万能ではない

生薬

中医学(漢方)ほど使い方に五月蠅い(うるさい)分野は無いかもしれません。

あまりに細部にこだわっているから。

できるだけ、専門の方に相談してくださいね。

専門と言っても、見分け方って難しいんですけどね (^^;)

参照:お母さんが食べたものって、母乳にどれくらい影響するの?

Share Button