食べても、食べても、栄養失調、その訳は?

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

今日は、店内にて食事についての一般講座でした。

栄養失調

注目する内容は、栄養失調。

なんと、食べているのに栄養失調。

食べ過ぎているのに栄養失調。

不思議ですよね。

それだけ、今、食べている「モノ」に栄養が含まれていないんです。

例えば、野菜ジュース。

本当に、1日の野菜に含まれている栄養素が摂取できるのでしょうか?

もちろん、野菜としては、含まれていると思います。

でも、栄養素は?

野菜ジュースには1日に必要な野菜が取れるって書いてありますよね。

厚生労働省が、健康を維持するための成人1日当たり必要な野菜は350g以上。

野菜ジュースは1日、野菜350g分を計算上入れたというだけで、実際に野菜350gを取った場合の栄養素が入っているわけではないんです。

実際に2007年に名古屋市消費生活センターが市販の野菜ジュース35銘柄の栄養成分を分析しています。

これが、驚く結果になっているんです。

実際に野菜を摂った場合と野菜ジュースを比べると、

ビタミンCやカルシウムなどは35銘柄中、水準に達したのは2銘柄。

カロチンが水準に達したのは8銘柄だけ。

つまり、多くが飲む意味があるのか疑わしいと言うことです。

詳しくは、こちらの記事を読んでみてください。

参照:「野菜ジュース」の成分は“満足感”だけ!

11月21日に「ジュースを添加物で作る」

栄養失調

ということで、実際にジュースやとんこつスープが、どのように作られているのか実際に目の前で見せてもらうことにしました。

11月21日、くすりの厚生会、店内にて実演決定です。

私が自分で見たいのでお願いしちゃいました。

今から楽しみです。

過去記事:みんなが大好き「ケミカル弁当」の作り方が凄すぎる (^^)

Share Button