漢方は矛盾に気づくのがプロ

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

ねぶた、お盆が終わり、普段の青森が始まりました。

スターバックス

涼しいようで、まだまだ暑い日々が続いています。

水分補給って大事ですよね。

いくら大事でも、飲み過ぎてはカラダの負担になります。

今回は、中医学で考える水分補給について!

水分補給の漢方的な意味

水

朝夕は涼しくなりましたが日中はまだまだ暑い青森。

暑さによる発汗で体は水分不足の状態になりやすくなっています。

ここで注意は、汗もかかない、エアコンの効いた部屋にいる人が水分不足なのかということです。

水分不足は、体内の水分が使われて不足していること。

中医学(中国漢方)では水分(津液)が不足して体に潤いのない状態を陰虚といいます。

陰虚(いんきょ)状態は、水分不足からくる口の渇きにだけではなく、

のぼせ

ほてり

などの虚熱症状を訴えることが多くなります。

この時、すでに水分不足の意味が変わってきているので注意が必要です。

虚熱状態の人がノドの渇いたからといって急激に水分を取ると大変なコトに。

実は、このような症状がある場合、漢方では「腎」が弱っていると考えるんです。

腎の働きが弱っている場合、水分を沢山とることで、余分な水分(水湿)が体内にたまってしまいます。

そして、

尿の出が悪い

倦怠感

むくみ

などの「腎」の症状が現れることになります。

判断が難しい真逆のカラダ

迷路

この場合とても難しい状態にあります。

一方では潤いが不足。

もう一方では不要な水湿が停滞している。

矛盾が、体内に生じているんです。

ここで最高の食材が、、、

夏はスイカをよく食べますよね。

スイカは体を潤すと同時に、なんと利尿作用によって水湿を取り熱を冷ましてくれます。

つまり、矛盾を解決してくれるんです。

スイカは夏ならではの食べ物!

イエーイ、スイカ\(^o^)/

漢方薬が便利

ハーブ

食材で矛盾を解決できるということは、漢方薬はもっと凄い (^^)

同じように、体を潤し余分な水湿や熱を取り除く漢方薬に

瀉火補腎丸

があります。

体液の消耗を地黄(じおう)・山茱萸(さんしゅゆ)などの生薬が補ってくれ産ます。

体液不足から発生した虚熱を牡丹皮、知母(ちも)・黄柏(おうばく)で調整。

水湿を茯苓(ぶくりょう)・沢瀉(たくしゃ)などで取り除いてくれます。

じつは、この2つは補腎(腎の強化)薬の仲間なので腎の働きそのものを助けてくれます。

体液不足による虚熱症状(脱水症状など)と余分な水分の停滞(むくみなど)が同時に調整してくれうだけではないんです。

カラダを丈夫にする働きもあるということ。

症状を改善するだけでは無く、カラダをバージョンアップしてくれるんです。

瀉火補腎丸ほかにも、糖尿病、高血圧、慢性腎炎などで使われることがあります。

漢方薬はオーダーメイド。

病名だけで判断はしません。

あくまで、一人一人に合わせた漢方を選択していきます。

Share Button