不妊治療をスタートする前に、、、

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

本日、ねぶた祭り初日。

チョット雨ですけど、、、

ねぶが小屋

朝から準備は始まっています。

もちろん、雨でも祭りは止まりません (^^)

ねぶた小屋をチェック。

ねぶた

間近で見る「ねぶた」やっぱり迫力があります。

今日は、夫婦関係について少しだけ、、

不妊治療中の夫婦関係

男性

不妊治療を始めるということは、勇気が必要です。

どうしても、女性主導となります。

不妊治療を始める前に、して欲しいことがあります。

お互いの思いの確認

この話をすると、

「大丈夫です」

「わかっています」

という返事が返ってきます。

本当に、話し合ったんでしょうか?

わかり合っているのに、理解し合っているのに、ナゼ「不妊治療」が原因で「喧嘩」になるのでしょう?

ナゼ、不満が溜まるのでしょう?

原因は簡単です。

話し合っていないから

話し合ったつもり、、、

理解しているつもり、、、

イメージだけで、不妊治療をお互いに解り合っていると勘違いしたままスタートしているんです。

夫婦の愛を深めるのが不妊治療

夫婦

不妊治療していると、お互いの見えない部分が見え出します。

スタートされる時に思っていた以上に時間がかかるからです。

時間をかけても、前に進まないのが不妊治療。

この状態が続くと、ナゼかお互いに細かく観察しだすんです。

凄く、小さな、些細なコトまで気になりだします。

相手のコトを知っているつもりだったのに、知らない面を知るコトになります。

良い面も、悪い面も。

相手の子供が欲しいと思うコトが素敵なこと

天使

今で気づかなかった相手のコトをより深く知ることができる妊活。

スタートする前に、お互いに違う考えを持っていることを知っておいて欲しいんです。

共通しているのは、

彼の子供が欲しい

彼女に自分の子供を産んで欲しい

ということだけです。

治療が長びくことも話し合ってください。

治療がうまくいかない時のコトも話し合ってください。

誰のせいでもありません。

どちらかが「悪い」ということでは無いですよね。

私は離婚寸前まで、、、

お前が悪い、

あんたが悪い、、、、、

これをしなかったから、今回は妊娠できなかった、、、

なんで約束を守れないの、、、、、

実際に、私達、夫婦が言い合った言葉です。

この経験があったおかげで、今でも手を繋いで歩くことができます。

朝、ハグができます。

相手がいるからストレスを軽減できる

誰にも言えない不妊治療。

でも、夫婦なら言えますよね。

相手を助けることができるのは、あなたしかいません。

そして、ストレスを軽減するとことで、不妊治療の成績を上げることだってできます。

ナゼ?

ホルモンのコントロールは子宮ではなく「脳」だから。

女性だけではなく男性だって同じ。

つまり、夫婦でストレスの影響を小さくできれば、妊娠しやすくなるんです。

今からだって遅くない

子宝

もうすでに、不妊治療をスタートしていても、遅くはありません。
より、相手のコトを知るチャンスです。

どんな結果であっても、老後、手を繋いで歩ける夫婦になれるんです。

またまた、素敵な記事を発見

子宝カウンセラー 国際中医師・薬剤師 上田 晃平
子宝カウンセラー
国際中医師・薬剤師
上田 晃平

今日のブログを書くきっかけになった記事があります。

子宝カウンセラーの上田昇平 先生。

とても、素敵な記事なので、読んでみてくださいね。

参照:不妊治療のストレスから、夫婦喧嘩になった時の対処法

Share Button