水は健康に良いというイメージが危ない

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

だんだん、夏らしい気温になってきました。

水分補給が大切と言われる季節。

水だけでいいのでしょうか?

水

イメージだけで「安全」と思っていませんか

標識

最近、プチ断食やダイエット、さらにはデトックスのために水を沢山飲まれる方が増えています。

水って、カラダに悪いイメージが無いんですよね。

どれだけ飲んでも大丈夫、健康にイイからって勘違いされている場合が多いんです。

水の飲み過ぎで死亡事故も起こっています。

賞品「Wii」をかけたコンテストで水飲み過ぎで死亡した女性の遺族がラジオ局を告訴

水中毒

薬

水はカラダに必要です。

同時に、ミネラルも必要なんです。

運動などで大量に汗をかきます。

そこで、水だけ補給すると、汗で失われたミネラルと水のバランスが悪くなり「水中毒」になります。

特に、気をつけたいのが熱中症と水中毒の症状が似ているということです。

対処法は真逆。

熱中症は水分補給が大切です。

水中毒は、水分補給することで症状が悪化します。

スポーツドリンクの飲み過ぎも注意が必要です。

こちらは、急性糖尿病です。

ペットボトル症候群と言われています。

この症状が熱中症と似ているんです。

熱中症という判断は、とても難しいということです。

少し休ませて、様子を見て回復しないよでしたら医師に相談することが大切。

水に岩塩

水

お茶やコーヒー、ジュース、スポーツドリンクは水ではありません。

カフェインや糖は、カラダの水分バランスに影響を与える可能性があるんです。

そこで、オススメは水と岩塩。

1リットルに3g〜5gくらいを溶かしてみてください。

よく、言われていますが、喉が渇いた時には遅いって。

喉が渇いていないということは、カラダに水分が足りているということです。

足りているのに無理して飲むってどうなんでしょう

漢方では、喉が渇いたら飲むようにしています。

本当に必要な水分量は、カラダが知っているのですから。

Share Button