最高の自分へのご褒美は「時間」

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

蒸し暑い青森市。

いつものスターバックスでいつものソイラテ。

ソイラテ

スタバで打ち合わせをしてから、仕事開始です。

自分の夢や、レベルアップのために、時間と場所を確保してますか?

私は家にいると、どうしても流されてしまうんです。

TVを見たり、ネットをしたり、、、、

なので、無理矢理、起きて、スターバックスで、自分磨きをしています (^^)

スタバで勉強、、、

なんか、カッコイイ響きしませんか?

まずは、形から入るのがシロクマ流? (^^;)

そうそう、2時間くらい席を独占してもコーヒー1杯で大丈夫なのもスタバの良いところです (^^)

実際に必要な時間を調べる

時計

前回のブログの続きです。

過去記事:時間に追われているのか確認してみたことあります?

ここからが、スゴく大切なんです。

朝の時間を書き出して、どのくらいかかったのか調べてみましたよね。

行動の1つ、1つの時間が分かるということは、どのくらい時間が「必要」なのか、はっきりするということです。

最初から、確実な「必要時間」を知るコトで、時間を心配するという不安から解放されるということ。

ストレスを減らすことができるんです。

これを、仕事や生活習慣に取り入れてみてください。

実際に一つ一つの仕事でかかった時間。

たとえば、会議の資料作成の場合。

資料を集める時間

資料を自分で読み込む時間

資料を精査、整理する時間

資料を作成時間

資料の印刷時間

資料を纏める時間

一つ一つの仕事が実際に必要とする時間がわかれば、ストレスって一気に減りますよね。

知るためには、まずは自分調査。

簡単です。

毎回、時間の記録。

個々の仕事を何時に始めたのか、スタート時間だけ記録していくんです。

メモでも、なんでもイインデス。

スマホに記録しても構いません。

スマホだとTwitterが便利です。

Twitterに「○○スタート」ってアップしておけば、時間は勝手に記録されます。

そして、次の仕事が始まったら、また記録。

今の仕事から次の仕事まで、どのくらい必要だったのか、分かってきます。

時間を記録すると気づくのですが、必要な時間は毎回、ほぼ同じくらいなんです。

つまり、実際に必要な時間がわかりだします。

必要な時間がわかることで、実際に「自分ができる」仕事量がわかりだします。

1日は24時間しかありません。

あなただけ30時間ではないんです。

必要な時間が24時間を越えたなら、仕事の締め切りに間に合うはずがありませんよね。

24時間の中には、朝、やるべきこと、通勤時間、食事、睡眠、トイレ、風呂、などなども含まれています。

時間を作るために徹夜しても、毎日は無理でしょう。

実際に自分ができる量が、分かれば、ストレスって大幅に減ります。

また、無理な仕事を受けることも減るはずです。

時間という物理的に無理なことが、分かっているのですから。

時間を無駄に過ごすことが悪いことでは無い

枯山水

こんなコトを書いていると、時間を無駄にするなって言っているように聞こえますけど(^^;)

無駄な時間は、無駄ではないんです。

ナニもしない時間ってスゴく必要なコト。

特に、普段の生活の中で、、、、

仕事の時間などが分かってくると、どうしても詰め込みやすくなります。

実際に、詰め込み出すと、逆に思い通りにはいかなくなるんです。

予測時間が分かっているのですから、余裕をもって、多めに時間をとっておくんです。

そして、時間が余ったら、、、、、

ナニもしなくたっていいんです。

自分で自分のために作り出した時間なのですから。

過去記事

自分の時間の無駄遣いを知る

自分の時間の使用状況を知る

時間に追われているのか確認してみたことあります?

Share Button