コレステロールって食事で変わる?厚生労働省の指針と「食事指導」

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

好きなモノを食べ続けているのに、3年間、リバウンドしていません。

もちろん、コレステロールだって正常値 (^^)

でも、本当に食事でコレステロール値って高くなるのでしょうか?

暴飲暴食

コレステロールは食べてもイイらしい

厚生労働省は、昨年の平成26年3月、「日本人の食事摂取基準」の改訂がされました。

この中で、コレステロールの1日量が、なんと撤廃されていたんです。

知ってました?

去年の3月ですよ。

いまだに、食事でコレステロール値が上がると信じていませんか?

以前までは、コレステロールの摂取量に目標があったんです。

成人は男750ミリグラム、女600ミリグラムを上限が健康のために良いとされていました。

病院や、色々な場所で注意されましたよね。

アレを食べるな、これを食べるなって言われていましたよね。

いまだに言われています?

卵は「1日1個まで」!

食事

もっと食べてもコレステロールが増えるコトはほとんど無いとのこと。

少なくとも厚生労働省は、コレステロールの食べる量に関しては、

「目標量を設定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため」

という理由で、制限をしていないことになっていたんです。

いつのまにか (^^;)

ちなみに、くすりの厚生会では、すでに相談されている方は分かっていると思いますが、食べて上がることは無いと何年も前から指導しています。

コレステロールってスゴく大切

コレステロール(Wikipedia)

調べてみれば、みるほど、コレステロールが悪者になった理由が良くわかりません。

Wikipediaを読んでみると、動物の細胞の生体膜の構成物質や、動物が生きていく上で大切な生命現象に関わる重要となっています。

人の体にも広く分布していて、主要な生体分子なのだそうです。

「常識」が「非常識」食事指導ってナニ?

疑問

2月、英国の医学雑誌に意外な報告がされたんです。

「食事指導を実行してもしなくても心筋梗塞などによる死亡率は変わらない」

今までの健康のための「常識」が「非常識」に変わっちゃいました。

でもね、食べ過ぎは、注意です。

また、偏った食事も、健康に良くないですよね。

一部のコレステロールや動物性脂肪だけ、取り上げたら、あまり気にしなくてもいいのですが、食べ過ぎて、いいことなんかありませんから。

やはり食事はバランスが大切なんです。

参照:「コレステロール値」の嘘 第1部 理事長を直撃! 「食事制限」はまったく無意味だった

Share Button