猛暑に負けてみる

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

寒暖の差が激しい日が続いています。

今日は、本当に寒い1日。

ついつい、暖房を使ってしまいました。

寒い

もう6月、暑い夏は目の前のはず。

夏の暑さに勝つために、負けてみてはどうでしょう (^^)

ナニを言っているのか自分でもよく分かりませんけど。

猛暑は「負けるが勝ち」

スタート

今は、勝ち組とか負け組とか、勝ち負けにこだわる時代になっています。

でも、自然に対して「勝つ」ってスゴく難しいですよね。

ここ、数年、夏と言えば「猛暑」。

ニュースで、信じられない気温が話題になります。

毎回、暑さ対策って、、、

そんなにして、暑さに勝つ必要ってあるのでしょうか?

猛暑を全て勝ち続けるって無理ですよね。

と、いうことは、、、、

適当に負けておくことが大切なことなんです。

熱中症にならない程度にやり過ごす。

コツは、暑さ負けをギリギリに持ち込むこと。

つまり、生活のリズムを遅くすることなんです。

普段より余裕をもって行動したり、休みながら過ごす。

仕事の量も、家事なども手抜きをする。

涼しい時と同じスピードで行動しないことです。

頑張っても、相手は「夏」という季節。

最初から勝ち目なんかないんですから。

さっさと負けを認めて、暑い夏なりの生活に変えるだけで「勝てる」んです。

ここで、「俺は大丈夫」って言いながら、いつものペースで行動したら相手の思うつぼ。

熱中症や夏バテになって苦しむことに。

やりたいことや、しなければいけないことを、少しだけ先延ばしにすることで、夏の終わりから秋にかけて、体調も崩れにくくなるはずです。

青森は夏が過ぎると、スグに冬が訪れます。

寒い冬の体調のためにも夏は「負けるが勝ち」なんです。

Share Button