いろいろあきらめて、寝るという妊活

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

今日もツイテます。

なんと、ダイエットでいきなり2kgも減った方が。

それも、2日間で。

もちろん、リバウンドもしていません (^^)

メッチャ嬉しい。

仕事をしていると妊活が難しい

書類 書く

妊活で大切なのが睡眠。

これは、過去に沢山の記事を書いているので気になる方は読んでくださいね。

過去記事:睡眠のまとめ

先日、妊活相談のさい、お客様から素敵な言葉をいただきました。

「いろいろあきらめて、寝る」

眠い

仕事がとても忙しい方。

もちろん、女性です(^^)

私がお話を伺していて、いつ休むんだろうって思っていたんです。

終わらない仕事は家に持ち帰って夜にやっていたそうです。

妊活相談で睡眠が大切ということ知ってからは、持ち帰った仕事は朝、早起きしてするようにしているとのこと。

それでも、遅く家に帰ってきて、主婦として家のコトもしていたので睡眠時間は少ない状態。

そんな、ある日、思ったそうです。

「いろいろあきらめて、寝る」

この言葉を聞いた時に、素直にスゴいって思いました。

1日、24時間、できることって限りがあるんです。

「できる」という思い込み

Break coffee

色んなコトを「始める」「やろう」って思う時は「できる」「簡単」って考えます。

でも、実際に始めて見ると「時間」という変えることのできない「枠」や「壁」があることに気づきます。

気づいた時には、いろいろな「状況」が始まっています。

時間を確保するために一番、簡単にできる睡眠を減らすことになります。

これでは、妊活がスムーズにできるはずもありません。

もちろん体調や健康にだって影響がでます。

妊活では、睡眠時間を確保してから、残りの時間で「できること」を選択することが妊娠しやすいカラダ作りの基本なんです。

全ては「やれない」から

あきらめる、やめる、

なんとなく後ろ向きなイメージですよね。

実際には、やりたいことや夢を掴むための方法だと思います。

前向きに「あきらめる」

積極的に「やめる」

私が好きな言葉です (^^)

Share Button
Tags: