糖尿病で気つけること、カロリーと糖質は違う

食事制限で糖尿病が改善しにくい

暴飲暴食

病院での指導で、食事制限をされている方から質問されることに

「指導されたコトを守って食事しているのに結果が出ないのはナゼ」

、、、、、

糖尿病の方は、とにかく、やみくもに頑張っているんです。

食事さえ、しっかりと守れば、良くなる、そう信じて。

つい先日、お客様が、言われました。

「食事制限をしても、糖尿は治らないって医師に言われたんです、、、」

たぶん、お医者さんも、少し違う意味で言われたのだと思うのですが、本人は相当ショックだったようです。

頑張って食事制限をしているのに、病院で指導されたコトを守っているのに (TдT)

カロリーと糖質は違う

砂糖

皆さん、知っておいて欲しいことがあります。

カロリーと糖質は違います。

当店は、ダイエット指導もしていますので、カラダの「脂肪」についての説明には十分な時間をとっています。

今現在、使われている厚労省と農水省が定めた「食事バランスガイド」は健康維持のための食事構成では、以外に食事量が多くなる仕組みになっています。

SV(サービング)という単位で食べる量を決めます。

年齢や1日の仕事などから1日に必要な総摂取カロリーがこのくらいと決めてから1日に食べる食事内容を決めていきます。

食べるモノの品目数を決めるために、先ほどのSV(サービング)が使われます。

例えば、男性が軽い運動を毎日しているとすると、1日の摂取カロリーが2600キロカロリー(プラスマイナス200キロカロリー)とします。

先ほどのSV(サービング)では、7〜8くらいになるんです。

コンビニで販売されている「おにぎり」1個は1つ(SV)。

つまり、1日に、おにぎりを7〜8個を食べなさいということになります。

いくら軽い運動をしていたとしても、コンビニおにぎりを1日に7〜8個って多いと思いませんか?

世界では、、

http://www.gizmodo.jp/images/2015/01/150122obesity.jpg
http://www.gizmodo.jp/images/2015/01/150122obesity.jpg

肥満大国と言われているアメリカ。

もちろん、日本人よりカラダは大きいはずなんですが、米科学アカデミーの推奨する1日の炭水化物の摂取量は130gとなっているんです。

日本は、平成24年国民栄養調査で1日260グラムの炭水化物を摂っていることに。

つまり、アメリカ人より小さいはずの日本人が、アメリカで推奨されている炭水化物の量の2倍の量を食べていることになっています。

もちろん、反対意見もあります

疑問

糖尿病における炭水化物の量については、イロイロな意見があります。

当店では、あくまで、バランスを薦めています。

どう考えても、私が食べている炭水化物の量より多いのであれば、少なくしてもらいたいですよね。

私は糖尿病では無いのに、私より多く食べるってスゴい違和感があるります。

実際に、糖尿病の食事指導を受けた方で、私よりご飯の量が多い方がいたんです。

自分のカラダを自分で知るコト

糖尿病予備軍の方なら、以外と簡単にできること、そして知るコトができたりします。

まずは、今までの食事の中で炭水化物の量を減らしてから再検査を受けてみることです。

他にもチョットしたコツがあるんです (^^)

詳しい漢方相談は店頭にて

漢方相談予約 017-722-4421 までお電話ください。

参照:糖尿病専門医が「糖尿病はカロリー制限では治らない」説に同意

Share Button
Tags: