咳止めで「咳」が止まらないのにはワケがある

風邪の治りかけの咳ってしつこい

咳

意外としつこいのが治りかけの咳。

薬を飲んでいるのに止まらないですよね。

咳とともに痰がネバネバして切れにくく胸苦しい症状ってイツまでも続いていることが多いんです。

中医学(漢方)では、ウイルス性の風邪は熱に変わりやすく、その熱が肺に溜まると炎症や痰のために咳になるんです。

漢方薬として、一般的な生薬として

麻黄 気管支を拡張して、痙攣を抑えて咳を少なくする

石膏 気管支の炎症を抑える

杏仁 痰を取り除く

陳皮・桔梗 去痰、鎮咳作用を強化

これらの生薬を組み合わせることで咳を和らげるようにしています。

しかし、、、、

咳を止める生薬を、いくら組み合わせても咳が止まらない場合ってあるんです。

皆さんも経験ありませんか?

咳止めを病院でもらってきても、なかなか咳が止まらない時。

中国漢方(中医学)では、喉や肺だけにとらわれていません。

体、全体を見直します。

中国漢方では咳を気管支や肺胞などのトラブルより、呼吸に関する錦衣区は皮膚呼吸も咳の問題として診るんです。

つまり、呼吸活動を全身レベルで判断します。

一連の呼吸活動を調整しているのが、肺の発汗や発散(宣発)と気を取り込み下に降ろす(粛降)作用なんです。

この宣発と粛降に最も影響を与えるのが「カゼ」なんです。

鼻づまり、鼻水、寒気(悪寒)の症状が少しくらい残っていても、もう大丈夫って思っていますよね。

中国漢方では、まだ「カゼ」です。

咳が止まらない時は、カゼが肺の働きに影響を与えているために咳が止まりにくくなっているんです。

中国漢方は都合がいいことに、組み合わせることができます。

咳を止める生薬で肺の機能を回復させながら、カゼを取り除くカゼの漢方薬を組み合わせるんです。

例えば、咳のための「麻杏止咳顆粒」とカゼを取り除く「涼解薬」を使ってみると、スッキリと咳が止まりやすいんです。

体の働きを全身で考える中国漢方(中医学)

一部分だけで「症状」を考える場合と、カラダ全体から「症状」を診る場合では、薬の使い方が変わってきます。

妊活も同じです。

妊娠しできないのではなく、妊娠しにくいだけかもしれないということ。

ここが問題だから、あの方法がいいらしい、、、

あなたの「カラダ」が本当に望んでいるコトを考えてくださいね。

Share Button