甘いお茶について質問がありました「甘茶」

その名も「甘茶」

お茶

甘いモンが大好きなシロクマです (^_^;)

ということで、甘い漢方を紹介しますね。

生薬に「甘茶」ってあるの知ってます?

メッチャ甘いお茶。

実は、以外と使われています。

お寺などで行われる「花祭り」。

お釈迦様の誕生日(4月8日)の「花祭り」、灌仏会(かんぶつえ)とも言われるイベントがあります。

これは、お釈迦様の像に甘茶をかけて、誕生を祝うお祭りなんです。

お釈迦様が生まれた時に、天から甘い雨が降ってきたという伝承からきています。

お寺では、参拝者に甘茶を振る舞うのですが、駆虫や、家の中に撒くことで「病」が入ってこないと言われているんですよ。

日本薬局方にも収載されている

うがい

医薬品としては、矯味剤(苦い薬物に添加して飲みやすくする)や口内清涼剤として使われています。

勘違いされやすいアマチャヅル

よく、勘違いされるのですが、アマチャヅルとは違います。

「甘茶」は日本特産のユキノシタ科の落葉低木。

ヤマアジサイの変種です。

「アマチャヅル」はウリ科の多年草で植物学的には全く別モノ。

アマチャヅルは生のままでも葉は甘いんです。

効果としては滋養強壮、ストレス軽減として広く使われています。

甘茶を煮出すコツ

生薬

実は、甘茶は一度に沢山煮出すと苦くなるんです。(^^)

最初は、少量、煮出して味を確かめながら増やしてくださいね。

Share Button