妊活のための入浴剤 本物を使って欲しい

添加物が多すぎる入浴剤

シャンプー

肌ってスゴく敏感ですよね。

女性は特に、全身の肌を気にしていますよね。

化粧品など、肌に良いモノを選んでいるので女性は入浴剤にも気を配っていると思います。

選ぶ際に内容をしっかりと確認したことってありますか?

今使っている入浴剤、是非、表示を確認してみて下さい。

なんか、知らない文字が並んでいませんか?

風呂

日本人にとってお風呂って特別な空間であり、時間です。

1日の疲れやストレスを解消してくれる風呂。

入浴剤も多種多様。

湯船にきれいな色をつけて素敵な香りがする入浴剤がほとんど。

入浴剤の成分を見てみると、色の元は青色〇号、黄色〇号という名のタール色素って書かれていませんか?

タール色素って毒素成分なんですよ。

1960年代に食品添加物として指定されていたタール色素に発がん性などが発見され、指定が取り消されています。

怖いコトに、いまでも清涼飲料水や駄菓子などに使用されているものもありますので注意して表示を確認してみて下さいね。

日本で、まだ使われているタール系色素の多くは欧米諸国では自主規制対象商品になっています。

色素だけじゃない

入浴剤にはタール色素以外にも有害な化学物質が入っていることがあります。

湿疹がある人やお風呂上がりに体がかゆく感じる人は、入浴剤が影響している可能

性もあります。

健康か温泉気分か?

風呂

無添加の温泉末というのもあります。

でもね、色も、臭いもしません。

つまり、温泉の効果はあるのですが、温泉気分が味わえないということ (^^;)

当店で扱っている薬用浴剤「温泉末」(医薬部外品)は無香料、無着色。

別府市にある海地獄天然温泉のお湯を急速噴霧乾燥した粉末なんです。

温泉、そのもの。

しかし、、、

温泉独特の色、臭い、、、、、

粉末にすると、無くなります (^^;)

無色、無臭。

使って見るとわかります。

メッチャ身体が温まるんです。

肌に優しく、身体に優しい、温泉末で、身体の芯から温まっることができます。

妊活にも使って欲しい温泉末。

自宅を本当の温泉に。

本物ってあるんです。

Share Button