夫婦なのにナゼ男性が早く死ぬのでしょう?

夫婦で同じモノを食べているのに私だけお腹を壊す

野菜

男性と女性。

どんなに偉ぶっても、、、

平均寿命でも女性が長生きです。

男性が早く死にます (^_^;)

また、出産の痛みは、男性では耐えられないと言われています。

我が家でも、奥さんと同じモノ食べているのに、自分だけお腹を壊すということがあります(^^;)

この問題に、凄い答えたありました。

「女が強くて長寿』というより、むしろ「男が弱くて寿命を全うできない」と考えた方がよいでしょう」

なぜ男は女より早く死ぬのか」著書で元、北海道大学理学研究科准教授の若原正己 先生がおっしゃっております。

目から鱗とはこのことですね。

つまり、人間として、本当の生命力は女性が基準ということ。

男性は、弱くて、本来の人間としての寿命を全うできないということです。

どうやら、男性ホルモンに関係があるみんたいなんですね。

男性ホルモンは人間だけにあるわけではないんです。

では、他の動物でもオスが弱いのでしょうか?

生体実験でも実証されていて、ネコやネズミなど他の哺乳類もオスの方が短命だそうです。

では、男性ホルモンのナニが問題なのでしょう?

睾丸で作られる「アントロジェン」というホルモンがあります。

このホルモンが沢山、出過ぎることで男は短命になっているらしいのです。

実は、動物実験でもメスに「アントロジェン」を投与すると攻撃的になって短命になるそうです (^^;)

おおおおお、、

男性が攻撃的なのも「ホルモン」の働きのせいだったんですね。

痛みだってホルモンが関係してた

腰痛

女性の痛みに対する対応も凄い。

出産時の壮絶な痛みは、脳内で作られるエンドルフィンが大量に放出されるからだそうです。

エンドルフィンは脳内麻薬と言われるくらい効果的。

なんと、出産時には、女性ホルモンであるエストロジェンや脳下垂体から放出されるオキシトシンがエンドルフィンを増強させます。

つまり、男性ではエンドルフィンを増強させるのが難しいということ。

出産時の痛み、男性は耐えれませんね (^^;)

免疫力も女性が圧勝!

免疫力

国立がん研究センターがん対策情報センターのデータによると、

喉頭がんや食道がんは6~13倍

膀胱がんは約3倍

ブッチギリでガンになりやすいのは男性です (^^;)

どうやら、男性ホルモンが沢山放出されると免疫力が低下するらしい、、、

ストレスだって女性が強い

ストレス

ストレスに抵抗するホルモンって知ってます?

実は副腎皮質から放出される副腎皮質ホルモン(コルチゾールなど)、オキシトシンは愛情ホルモンと言われています。

もちろん、男性にもあるのですが、女性の場合、女性ホルモンのエストロジェンの働きでオキシトシン(愛情ホルモン)の効果がアップするんです。

実際に、自殺者の統計からすると、、、

1950年代は男性の自殺率は女性よりも1.5倍ほど高く、昨今では2.5~2.7倍となっているそうです。(内閣府自殺対策白書)

コミュニケーション能力にも差が

妊活

女性って、コミュニケーションが上手いな〜って感じませんか?

男性は、なんで下手なんだろうって (^^;)

ここにもホルモンの働きが関係しているんです。

オキシトシンが女性ホルモンによって増強されることでコミュニケーションがよくなるという報告があるんですよ。
出典:鼻からスプレーすれば【コミュ障】が改善するというオキシトシンって何?

男性は女性に勝てない

妊娠

現代社会では、女性の方が活躍できる可能性は高いんです。

痛みに強い

免疫力が高い

ストレスに強い

コミュニケーション力が高い

さて、あなたが社長さんなら男性と女性のどちらを雇いますか?

出典:「女の方が男より強い」医学的理由

漢方でホルモンバランスを整える

温灸

漢方はココロとカラダのバランスを整えます。

つまり、カラダ全体のバランスを調整できるんです。

男性を「人間」が本来持っている健康状態に近づけることが、漢方のなんです。

毎日の積み重ねでしか、健康は手に入れることができません。

では、その方法は、、、

長い歴史の漢方には、膨大な経験と知識があります。

2月14日は「ツボと健康 温灸講座」が「くすりの厚生会」店内にて開催されます。

時間は10時30分から約1時間の予定です。

温灸では最高の講師である中本宗宏 先生に勉強会です。

手軽に健康を維持できる温灸を体験してみてください。

定員は15名。

予約が必要です。

電話 017-722-4421 岩本まで

Share Button