エビは漢方、楽しみながら食事で妊活しましょ

毎日が医食同源

食事

エビ、、好きです (^^)

寿司ネタでも甘エビって人気ですよね。

生より調理した方がいいんですけどね、

エビは漢字で「海老」ですよね。

中国語では「海蝦」や「対蝦」と書きます。

エビも中医学では漢方薬だったりします。

メッチャ美味しい漢方約 (^^)

中医学(漢方)で処方する時は「大海米」と書きます。

きちんと薬効があり、腎の働きを強めて、老化を防止してくれます。

日本人は大好きですよね、エビ。

もしかしたら長寿の秘密はエビのせい?

EDにだってエビがいいかも

腎

エビは補腎強壮薬として産後の乳汁不足や男性の勃起不全にもイインデス。

薬酒みたいにエビを焼酎に入れて毎日少しずつ飲んでみるのもいいかもしれません。

焼酎に漬けたあとは炒めて食べるて、おつまみにもできます。

他にも脳卒中の後遺症である半身不随には、エビと他の補腎薬や血行改善薬などを一緒に用いることもあります。

エビが配合された処方としては海馬補腎丸という処方があったんです。

まさに薬食同源!

やっぱり「なまこ」でしょ

男性

青森では珍味として食べられているアレ (^^;)

ナマコ(海鼠)!

中医学(漢方)では補腎薬なんです。

漢方薬って信じられます (^^)

なんか妊活に良さそうですよね。

夜間、海の底をはって移動していることから、中国でも海鼠と書きます。

一般的には海参と呼ばれていて、高級中華料理に使われていますけど、青森だと普通に市場で見かけますよね。

中医学(漢方)としての薬効も凄い (^^)

動脈硬化を予防する作用や、海の朝鮮人参といわれるような強壮作用が知られています。

そのため、インポテンツ(ED)など性機能低下の治療薬としても使われます。

男性の妊活にオススメ (^^)

他にも、ナマコには排便排尿の働きをコントロールする作用もあるので、頻尿を改善したり大腸を潤し、便通を改善したりします。

昔の処方に、ナマコと木耳、豚の大腸を煮込む薬膳料理があったんです。

なんと老人性便秘に使われていたようです。

食べて妊活

調理

青森で生活していると、自然に漢方をカラダに取り入れていることが多いんです。

漢方を食べる、、、

医食同源

薬食同源

毎日の生活に漢方という考えを取り入れてみてください。

健康になることが楽しくなりますよ。

生活習慣や食事の相談について

店頭にて無料相談をしております。

予約電話 017-722-4421

担当 シロクマ先生(岩本)まで

Share Button