習慣性流産のことを中医学(漢方)では滑胎(かったい)といいます

妊活と中医学(漢方)

胎児

漢方で妊活される方が少しずつですが、増えています。

妊活だけではなく、妊娠後も中医学(漢方)は大切な存在なんです。

子供が欲しくてもなかなか授からない、

せっかく授かっても途中で流産してしまう

中医学では何回も流産を繰り返す習慣性流産のことを、滑胎(かったい)といいます。

チョットだけ難しいお話をしますね。

中医学(漢方)では流産を予防し胎児を守る方法は保胎または安胎法といいます。

中国で、泰山盤石散(たいざんばんじゃくさん)という有名な処方があります。

日本では、見かけることがない処方ですけど (^^;)

中医学(漢方)では、生殖に関する病気を腎との関連でとらえることが多いんです。

腎は骨を主り、髄を生じ、脳に通じる。

その華は髪にある。

腎は精を蔵し、成長・発育・生殖を主る。

五行

中医学(漢方)の腎のとらえかたです。

中医学(漢方)での滑胎(習慣性流産)の予防としての考え方として、腎機能の強化(補腎<ほじん>)を大切にしています。

補腎としての生薬には杜仲・桑寄生・枸杞子(とちゅう・そうきせい・くこし)などがあります。

これらを使用している補腎薬を体質などに合わせて妊娠しやすいカラダ作りをしていきます。

気と子宮

子宮

中医学(漢方)では、胎児を子宮の中で安定・成長させるには気の作用と考えられています。

流産の前によく見られる症状に下腹部の疼痛や下墜感があります。

これらの症状は、気の不足している場合が多いんです。

元気が、、

ストレス、、

などなど、気が不足する原因は多々あります。

中医学(漢方)では気を補う黄耆や人参などの補気薬があります。

うまく組み合わせることで気を補うことができるんです。

貧血と妊娠

血圧

さらに、大事なのが「血」。

胎児の成長には母体からの栄養・酵素が欠かせませんよね。

大事な栄養素を胎児まで運ぶのが「血」。

母親側の血の不足は胎児の栄養不足になる可能性が高いんです。

つまり流産の原因に。

貧血気味の人は、中医学(漢方)の補血剤を使って欲しい。

補血だけではなく、出血にも前もって準備してくださいね。

妊娠中の出血を防ぐには、補血・止血作用にすぐれた阿膠(あきょう)がなどが生薬としてあります。

血熱と胎児

中医学(漢方)な考えに子宮や血液に熱があります。

胎児が活発に動くため、子宮や血液に熱がこもるんです。

これらの熱も流産の原因と考えるのが中医学(漢方)。

温めるだけが妊活じゃないんです。

血に熱があるのですから、体を冷やす生薬を他の生薬と併せて使い安胎のてだすけをします。

たとえば、黄ごんと白朮の組み合わせは安胎の聖薬といわれています。

中医学(漢方)でも特別な専門性

妊活は、中医学(漢方)の中でも複雑です。

温めるだけではないということ。

血の流れを改善するだけではないということ。

全てがバランスなんです。

妊活相談は初回で1時間〜2時間。

予約電話 017-722-4421

担当 シロクマ先生(岩本)まで

ホッカホカのバレンタインデー

中本宗宏

2月14日のバレンタインデー。

なんと、温灸講座をします。

青森駅から歩いて3分のくすりの厚生会、店内にて10時30分スタートします。

定員は15名と少人数。

教えてくださる先生が凄い。

温灸士を指導している中本宗宏 先生 \(^o^)/

先生の先生ですね。

温灸を体験しながらカラダの冷えや痛みが和らぐのを体験してみてください。

もちろん、ご夫婦で温め合ってもOK。

肩こり、頭痛、生理痛、などなど。

男性必見!

百会(びゃくえ)は円形脱毛症や抜け毛さらには白髪のツボでもあります。

電話にて予約受付中!

電話 017-722-4421

温灸の感じ方には個人差があります

Share Button