虚弱体質は冬に体質改善、春を元気に過ごすために

冬に大切にするべきこと

寒さ

雪が降る青森市。

メッチャ寒いです。

特に日照時間が短くなり、植物が寒さで冬木立になり、動物は冬眠。

私も冬眠したい (^^;)

人の身体も新陳代謝が低下する季節。

春を元気に迎えるために冬の間にカラダに溜まった1年間の疲れをとりましょう。

冬は、1年に1度のカラダのメンテナンスの季節。

さっそく始めましょう。

冬のカラダのメンテナンス方法

眠い

1)夜は早く寝る、そして朝は日が昇ってから起きる

2)陽気を守るため、軽い運動を継続てきに、防寒保温はしっかりと。

3)自分の体質、生活習慣に合った滋養強壮を今、スタート。

4)腎(腰、骨、耳、脳、生殖機能)を健康にする食事

冬の要は「腎」

腎

冬の健康に深く関わっているのが中医学でいう「腎」です。

「腎」は生命活動にかかわる「精」を蔵すると言われています。

生物は冬にエネルギーを蓄えるんです。

滋養強壮のための食材(補腎益精)

1)黒豆、大豆、赤小豆、いんげんなどの豆

2)長いも、大和芋、自然薯などの芋

3)ブロッコリー、ほうれん草、白菜、カボチャなどの野菜

4)黒米、下記、舞茸、黒きくらげ、などの黒い食材

5)えび、ブリ、マグロ、牛肉、鶏肉、豚肉など

6)リンゴ、みかん、ゆずなどの果物(沢山はダメ)

7)ゴマ、くるみ、松の実、枸杞の実、桑の実などの種実

正しい虚弱体質改善のために

電話

虚弱体質といってもタイプはイロイロ。

自分のカラダ、体質、生活習慣に合った食材や漢方を選んでください。

特に、夜が長い当時の日を境に陰陽が変化します。

漢方を上手に生活に取り入れて、春に備えてくださいね。

漢方相談予約電話 017-722-4421

担当 シロクマ先生(岩本)

Share Button