その思い込みが間違っている二日酔い対策 ホンモノの漢方のパワー

ホンモノは違う、二日酔いを漢方で

バー

忘年会シーズン突入。

クリスマスも重なって、年末まで飲み続ける人もいるはず (^^;)

最近、二日酔いというと「ウコン」って思っていますよね。

ところが、一般に販売されているウコンドリンクは二日酔いにあまり効果がないんです。

詳しくは、こちらを読んでみてくださいね。

過去記事:簡単なようで普通には使えないのが漢方 ウコンが二日酔いに効かないワケ

ホンモノは違う漢方の力

ビール

中国漢方(中医学)の本場、中国ではアルコール度数が60度以上もある白酒(ばいちゅう)がよく飲まれています。

凄いでしょ (^^;)

でもね、私が研修中でも日本みたいに飲み過ぎて路上で大変なコトになるような人は見かけないんです。

もともと、中国というお国柄、路上で醜態というのが恥ずかしいことなんです。

もちろん、日本だって恥ずかしいことなんですけど、許されるのが日本だったりします。

もともと、日本人はお酒に弱い感じがします。

ビールや水割りってアルコール度数が低いですよね。

それでも、歩道や駅のホームで吐いている人を見かけます。

先日、私の友人も路上で吐いて、寝てしまいました (^^;)

水分の摂りすぎかもしれない

ワイン

私の師匠のである路京華 先生が気になるコトを言っておられました。

「日本人はお酒と一緒に水分を摂りすぎている」

胃腸は冷たいモノを摂りすぎると調子が悪くなりますよね。

ビールや水割りも冷たいし水分も多いので、胃腸の働きが悪くなりやすいんです。そのため、水分吸収も上手くできない状態に。

吸収できない水分は、

おなかがポチャポチャ状態に。

中国漢方的には、不要な水分が多いのに、本来、カラダで必要とされる心液は不足していることになります。

つまり、水分をカラダに入れているのに

「喉が渇く」

また、水分を補給するんですけど、吸収できないカラダになっているので、

「もっと、喉が渇く」

という、悪循環に。

そして、胃に溜まった水分は、出口を探して「口」から出すことに (^^;)

中医学では「水逆」(すいぎゃく)っていいます。

漢字って素敵ですね。

対策方法は漢方を使うこと

ショウキT-1は妊活にとってカラダにプレミアム
ショウキT-1は妊活にとってカラダにプレミアム

お酒は湿と熱を生じる作用があります。

ということは、体内に溜まった湿(いらない水分)と熱を、どうにかすればイイということ。

利尿作用のある茯苓や猪苓などの生薬と熱を冷ます茵ちん蒿などの生薬を使うことで二日酔いや悪酔いを解消できるんです。

必ず相談してから

漢方は、生活習慣や体質によって使い方が変わってきます。

今回、紹介した生薬も、その時の体調などによって使い方が変わってきます。

必ず相談してから使用してください。

漢方相談は無料です。

予約電話 017-722-4421

担当 岩本(シロクマ先生)

電話でのご相談は現在、お断りしております。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です