夢や欲しいモノを手に入れるために「気」を充実させる

気が健康を左右しているって知ってます?

晴れ

今回から、シリーズとして

「気」

について書いていきますね。

実は、日本人は身近に気を沢山使っています。

普段の会話でも

「気を入れる」

「気が充実する」

「気力」

「気合い」

などなど (^^;)

何気なく「気」を使っていますよね。

中医学(中国漢方)では気の働きが凄く重要な役割をしています。

気は、困ったことに目に見えません。

でも、明らかに存在しているんです。

最近では、国際的にも気の研究が盛んに行われているんです。

気って、、、、なんなの?

ため息

気とは、、、

簡単に言ってしまうと「エネルギーであり活動力でもある」かな〜

フォースってイメージでも良いんですけどね。

中国漢方では気がカラダの中の「血」をめぐらせて「水」を動かして健康を維持していると考えられています。

つまり、気が不足したりすると、血の流れも悪くなるります。

血の流れが悪くなると、余分な熱を血が持ってしまったり、流れが悪くなるため水がカラダの中に溜まり冷えむくみになってしまうんです。

もっと重要なストレス

太極拳

気とストレスってイメージしやすいですよね。

ストレスと気はメッチャ繋がっています。

不思議に思いませんか?

気はどこからカラダに入ってきているのでしょう。

天の気と地の気があるんです。

天の気は呼吸によって肺から体内に取り込まれます。

肺

呼吸法が大切なのは、気を効率よくカラダに取り込むためなんです。

地の気は大地に育った野菜や穀物を食べることで体内から「生まれる」んです。

つまり、「良い食事」が「良い気」を作るんです。

ジャンクフードから良い気が生まれると思います?

天の気と地の気が五臓を通って出会うことで人間が生きていくために必要な

「元気」

「真気」

になります。

実は、今までの内容は「後天的な気」についてです。

先天的な気

中医学(中国漢方)では、もう一つ、大切な気があるんです。

それは、先天的な気。

生まれながらにして両親から授かった気です。

先天的な気を

「正気」

といいます。

これは、後天的な気とは区別しています。

健康を維持するのには、この2つの気を調和させ、上手に働かせることが大切なんです。

漢方(中国漢方)というツール

気について、少しでも理解していただけたらウレシイです。

気をコントロールする方法は、沢山ありますすよね。

漢方は、見えない気をコントロールするツールです。

他のツールや方法と違うのは、

標準

ということ。

気をコントロールするための基礎が漢方でもあるんです。

見えない気を、コントロールするための教科書があるんです。

そして、漢方を学ぶということは、小学生が勉強するように気について勉強します。

漢方にとって「気」は曖昧なことではないんです。

漢方のある生活

漢方は、普段のやりたいことや、目標を達成するための最強のツールです。

そのためには、自分のカラダに合った漢方を選ばないといけません。

まずは無料相談から。

予約は電話にて

017-722-4421

担当 岩本(シロクマ先生)まで

Share Button
Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です