受験のための正しいカゼ薬の使い方って知ってます?

くすりの厚生会の風邪薬が他と違うワケ
受験や仕事に忙しいなら風邪薬は手の届く場所に

寒さ

寒い、、、、(TдT)

朝、起きるのがツライ季節になりました。

年末に向けて、忙しい毎日です。

特に受験生は、追い込みに。

でも、疲れてくるとカゼやインフルエンザになりやすいのも事実。

漢方での風邪薬といえば、、

葛根湯(かっこんとう)

でも、当店では、あんまり使われることはありません。

葛根湯って、今から2000年も前に書かれた医書「傷寒論」(しょうかんろん)に載っている処方です。

古いからといって、大事にされていないわけではないんです。

メッチャ大事にはされています。

実際に、私たちは、もっと古い医書「皇帝内経」(こうていないけい)も取り込み、さらには各時代の医療的な成果を取り込みながら今にいたっているのが中医学なんです。

寒症論の時代は、気候も寒く栄養状態も現代とは比べられないくらい粗末だったのは想像できますよね。

つまり、冷えから来る病気が多かったんです。

寒症論には、カラダを温めて改善させる処方がメッチャ多くって葛根湯もその1つなんです。

時間の流れが現代に近づくと

寒さ

明や清の時代以降は都市への人口が増え、さらに地球温暖化の影響で暖かくなってきましたよね。

ウイルスなどの熱性の病気が増えたんです。

最近でもデング熱などは、日本が暖かくなってきたからといわれています。

ここで、新しい中医学(中国漢方)の考え方である

温病学(うんびょうがく)

という新しい医療体系が誕生したんです。

比較的、ウイルスに強い金銀花(きんぎんか)や連翹(れんぎょう)が温病の基本薬として開発されていったんです。

残念なコトに、この当時、日本は鎖国時代。

温病学は日本には届かなかったんですね。

くすりの厚生会の風邪薬はチョット違う

くすりの厚生会で風邪薬といえば、、、、

青い箱の涼解薬(りょうかいやく)。

もちろん、葛根湯も大切な風邪薬です。

使い分けが大切。

カゼの初期対策は使い分けがポイント

男性

ゾクゾクと寒気がする時は傷寒の葛根湯

ノドが赤く腫れて、熱っぽい時は温病の涼解薬

簡単ですよね。

手元に2つの風邪薬を準備して仕事に受験をスムーズに。

漢方相談は予約から(相談は無料)

電話 017-722-4421

担当 岩本(シロクマ先生)まで

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です