痛いのに、病院に行けないお尻の大問題

痔は「ぢ」と読みます

トイレ

漢方相談では、病院に行きたいのに行きにくい場合の相談が多いんです。

当店でも隠れた売れ筋商品に「ぢ」の漢方薬があります。

悩んでいる方、メッチャ多いんです。

痔は世界的にも多いと思います。

なんと中国には「十人九痔」という諺があるくらい。

十人いれば、そのうち九人が痔という例え。

日本でも仕事によっては痔になりやすいんですよね。

タクシー運転手のような座り仕事の人

出産後の女性

宴席の機会が多いサラリーマン

痛いお尻を抱えて悩んでいる人が目立ちます。

本当に、見せたくない場所だけに、みなさん、ついつい我慢しちゃってます。

特に女性は慢性化してから病院に駆け込んむことに。

痔ってなんでなるの?漢方で考えてみると

腸

痔の原因はいろいろあります。

中医学(中国漢方)では一般的に湿熱と考えます。

簡単に言うと、

食べ過ぎ

飲み過ぎ

栄養過剰などで大腸、肛門の周辺に湿熱がたまり、気血の流れが悪くなるため痔核となって痛んだり、出血したりするんです。

つまり、胃腸の使いすぎですね。

特に注意したいのが、酒の飲み過ぎや辛いもの、甘いもの、脂っこいものの取り過ぎです。

これらに関連して、便秘、下痢、ストレスなども原因になることがあります。

ここで、注意したいのは便秘で痔はイメージできますけど下痢で痔をイメージする人って少ないですよね。

でも、当店での痔の相談では、下痢の男性が多いんです。

ハッキリって「飲み過ぎ」です。

お酒だけではなく、ジュース、スポーツ飲料、コーヒー、などなど。

西洋医学では、痔の原因を肛門付近の静脈の鬱血ととらえています。

これは中医学(中国漢方)でいうお血(血の滞り)のこと。

血の流れが悪いということです。

痔って、体にお血(流れが悪い)があることの一つの証拠なんです。

1カ所、悪ければ、、、

血管って全身にありますよね。

つまり、全てが同じ条件ということ。

痔があるということは、全身の血の流れにも問題があるかもしれないんです。

痔は、早めの漢方

肛門

大腸の熱をとり、出血を止める槐角(エンジュの実)

肛門の炎症をおさえる黄ごん

湿を除く防風

局部のお血を改善し痛みを緩和する当帰

漢方には痔の薬があるんです。

もとろんカラダに優しい。

早期に用いれば出血や痛み、腫れなどの改善に速効性があります。

痔は慢性化すると治りにくい病気です。

早めの漢方がオススメ。

普段から刺激のある食べ物をひかえ、全身の血行を良くするように。

まずは、予約してね。

電話 017-722-4421
担当 岩本(シロクマ先生)まで
Mail:k.kouseikai@gmail.com

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です