家の冷蔵庫にジュースが入っていたら「糖尿病」に注意

糖尿病が激増

新聞記事から

「糖尿病患者3億8200万人」
急激に増えている国の特徴は、ジャンクフードや清涼飲料水の消費が増えた国です。

糖尿

清涼飲料水には、これだけ入っています。

コカコーラ

詳しくはコチラの記事を参照:【え?こんなに!?】缶ジュースや缶コーヒーに入っている砂糖の量【ダイエットの敵】

そして、砂糖では無く、果糖ブドウ糖液糖(異性化糖)が使われています。
実は、砂糖を使うと値段が上がるので、トウモロコシやジャガイモ、などから果糖ブドウ糖液糖(異性化糖)を作ります。

天然と書かれていますが、実は値段を下げるために使われているだけなんです。

さらに、問題を大きくしているのが人工甘味料。

カロリーゼロなどを売りにした人工甘味料の消費が増えています。
現実には、どちらも肥満の原因と考えられています。

特に人工甘味料は男性の精子にも影響があるんです。

アスパムテート

子供のうちから、精子に影響を与えていたら、大人になったら、もっと大変ですよね。

過去記事:カロリーゼロは精子も、、、

親が子供を喫煙者(タバコ)にしている

ジャンクフードや清涼飲料水は糖尿病だけではありません。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の研究員、H. Isabella Lanza博士らが行った調査で、太り過ぎや肥満の10代の若者は、タバコを吸うようになる確率が高いとのこと。

家族が食べる食事を見直す

野菜

糖尿病は、予防じゃないんです。

誰もが、予防さえ必要ない病気。

正しい食事をしていれば、気にしなくてイイのですから。

まずは漢方

生薬

すでに糖尿病や予備軍の場合、まずは漢方を試してみてください。

特に、予備軍の場合は、漢方が効果的です。

漢方で難しいようなら病院です。

まずは、お電話で

017-722-4421 担当 岩本(イワモト)

参照記事:肥満な10代ほどタバコに手を出しがちとの調査結果

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です