生理痛薬で死亡って? 生理痛と妊活と漢方

妊活と生理痛

冷え性、手足が冷えている

生理痛があるのが、普通、あたりまえって思っていませんか。

あまりに痛いと、痛み止めに頼りたくなりますよね。

でもね、妊活では、使わない方がいいんです。

非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期投与されている女性において、一時的な不妊が認められたとの報告があるんです。

詳しくは、過去記事を読んでくださいね。
痛み止めが一時的な不妊になる可能性
バイアスピリンと一時不妊 使用上の注意改訂

生理痛薬で服用後に死亡

他にも、生理痛薬で死亡された方もいます。

年齢も10代から40代で、すでに3人。

原因は血栓症。

血栓症は血管に血の塊が詰まる病気です。

初期症状に急激な脚の痛みや突然の息切れ、胸の痛みなどがあります。

生理痛を改善するために、他の部分に痛みって、、(^^;)

参照記事
生理痛薬、服用後に10-40代3人死亡 厚労省が注意喚起指示
月経困難症治療剤「ヤーズ配合錠」投与患者での血栓症に関する注意喚起について 厚生労働省

妊活で生理痛対策

妊活でも生理痛は、根本的に改善することが大切なんです。

特に、中医学では、痛み止めを飲むほどの生理痛がある場合、妊娠しにくいと考えられています。

漢方(中医学)では生理痛の根本的な改善から妊活を始めることも多いんです。

特に、血の流れが大切。

血の流れが悪いほど「痛み」が大きくなるんです。

血栓症とは違う考え方ですね。

生理痛には多くの原因が

アスピリン

中医学でも、生理痛の原因は多種多様です。

そのために、漢方を組み合わせて使うことがほとんど。

妊活の場合は、妊娠しやすいカラダ作りで対応します。

つまり、妊活を始めると生理痛も楽になることが多いんです。

中医学(中国漢方)で生理痛のことは

「生理痛が無いのがあたりまえ」

と言われているんですよ。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です