出産報告が届きました (^_^) 妊活のナニを頑張る?

ウレシイお葉書が届きました

遠方より来店されていた方からの出産報告です。

出産

年齢的には高齢でしたし、妊活のための環境が大変な状態でした。
住んでいる場所が、青森市から車で片道2時間。

もちろん、漢方専門店や不妊治療のできる病院なんてありません。

あまりに、遠いので、青森市に来られる時はには「不妊治療のための病院」「鍼灸」「整体」そして、最後に当店。

小さい妊活の旅ですね。

当店では温灸をして体質のチェックです。

浅野先生の温灸講座 くすりの厚生会 店内
浅野先生の温灸講座
くすりの厚生会 店内

もちろん、体質に合わせた漢方を使われていました。

何度か、妊活セミナーにも参加していました。

なんと、今年の7月15日に出産されたんです。

お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!

3000gの女の子 (^^)

メッチャ嬉しい。

またまた、3000g越えですね。
当店で、相談された方の多くが3000gを越えているんです。

みなさん元気 (^^)

今年は40代が凄い

当店だけかもしれませんが、40代の方が元気です。

妊娠報告、出産報告のほとんどが40代。

妊活以外にも、健康のため、美容のために妊活と同じ生活習慣や漢方を使われている方も多くなっています。

妊活を頑張るためのサポート

妊活は「頑張る」だけでは難し。

長期間の妊活になりやすいから。

頑張る気持ちは大切です。

でもね、続かないんです。

だから、漢方が必要になります。

漢方には、多くの「経験」」がすでにあります。

長い間、何世代も繰り返し、試し、試行錯誤した「経験」が漢方なんです。

妊活って女性の若返り(アンチエイジング)

笑顔

妊娠できるカラダは「若い」カラダということ。

そこに気づいた女性が多くなってきているんです。

「子宮を若いままでいたい」

ハッキリと相談に来られた40代の女性もいます。

結婚の予定とか妊娠の予定など無いのですが (^^;)

簡単な生活習慣と漢方

我慢することは漢方でカバーして、できることだけ始めるのが「中医学」の「妊活」なんです。

それでも、我慢は必要なんですけどね (^^;)

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です