簡単なようで普通には使えないのが漢方

漢方は難しいんです

疑問

よく、漢方は手軽で簡単って言われていますよね。

みんなに、使って欲しいから、業界のイメージ戦略です。

実際にはそんなことありません。

メッチャ難しい。

メッチャ複雑。

メッチャ難解。

漢方をネットで調べて、自己判断で使われる方が多くなっています。

チョット危ないかな〜って。

名前は同じでも医薬品と健康食品(サプリメント)では、全く違うんです。

ウコンの違い

今、話題のウコン。

春ウコンと秋ウコンでは、扱いが全然違うって知ってました?

同じ植物だから、似ているって思っていませんか?

思っていたでしょ。

春と秋、なんか収穫時期の違いだと思っている方が多いのですが違いますよ〜。

実際には開花時期で区別します。

春ウコンは5〜6月に、秋ウコンは初秋に開花するので、こういわれているんですね。

開花時期が違うだけって、、、

もちろん違います。

実は、秋ウコンは医薬品として日本薬局方で認められています。

そう、薬扱い。

つまり、健康食品(サプリメント)や清涼飲料水には使えないんです。

皆さんが、気軽に飲んでいるウコンは春ウコン。

秋ウコンはクルクミンの含有量が春ウコンより多く含まれているんです。

区別の方法も簡単です。

ウコン

秋ウコンの色が濃い。

比べたら直ぐに分かります。

季節だけじゃない

情報

漢方の生薬は、季節だけではなく他にも同じ植物なのに効能や作用が違うコトが沢山あります。

便秘でよく使われるセンナも葉と実では使い方が違いますし、妊活で有名なタンポポも葉と根では使い方が違います。

産地によっても、使い方が違うコトって多いんです。

漢方を使うのが、以外と難しいということを、少し分かっていただけたでしょうか。

できるだけ、専門の人に使い方を聴いてから使ってくださいね。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です