妊活で大切な睡眠 電気を消して寝ると妊娠しやすくなる

妊娠したいなら真っ暗な部屋で眠ること

不眠

メラトニンってホルモン、聞いたことありますか?

睡眠ホルモンって言われています。

眠りと関係が深いホルモンなんです。

このメラトニンですが妊活でも大切な働きがあります。

それはストレスから卵子を保護する働き。

米国・テキサス大学のRussel Reiter教授が発表した研究結果では、メラトニンって暗い環境で生成されるんだそうです。

明るいと、メラトニンの生成に影響があるということ。

メラトニンの生成に影響がでると卵子の質にも影響がでるんです。

もちろんテレビのつけっ放しもダメってことです。

ブルーライト問題がここでも

目の疲れ

完全に暗いと寝れないという方もいますよね。

少しくらい、、、

チョットでもダメな灯りってあるんです。

白色や青色は避けましょう。

これらの色は体内時計を狂わせます。

つまり、眠りの質を悪くする可能性があるということ。

さらに妊娠中も注意してほしい

胎児

妊娠中もメラトニンは大切なホルモン。

メラトニンが十分に生成されないと、赤ちゃんの脳に与えるリスクが高くなるかもしれないそうです。

注意欠如、多動性障害、自閉症などに繋がる可能性があるとのこと。

良い睡眠は最高の妊活

健康的な人ほど睡眠を大切にしています。

妊娠、出産、子育て、全てにおいて、眠りって重要なんです。

忙しい現代社会で一番最初に削られるのが睡眠だったりします。

夢や希望を叶えるために最初に必要なのが健康です。

生活習慣で最初に見直すのが睡眠ですよ (^^)

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です