漢方マメテスト第9回 気滞について 8回舌診の解答付き

漢方マメテスト第9回 気の流れ

問題

気滞について、正しい方を選びなさい

気滞とは気の流れが(良く:悪く)なっている状態で、原因としては(ストレス:風邪)による事が多く(張る:刺す)ような痛みが出たりします。

痛む場所は(固定している:移動する)事が多く、胃腸にたまると(ゲップ:胃下垂)が起こりやすくなります。

漢方マメテスト第8回 解答と解説

問題

舌診について、正しいものを選びなさい

1)歯痕は脾虚の人に出やすい

2)苔があついのは陰虚の人に多い

3)舌の色が紫色なのは淤血の人に多い

4)舌の色が淡い色なのは血虚の人に多い

5)舌尖があかいのは心の熱であることが多い

1)正解 2)間違い 3)正解 4)正解 5)正解

歯根(舌の周囲の歯の形)は「むくみ」です。

足など、むくむと指で押してもヘコんだままで、戻りにくくなっていますよね。

同じ事が舌にも起きているんです。

むくんで、舌が大きくなって歯に押され跡が残っているんです。

歯根がある場合、漢方では脾虚や腎陰虚で水滞の人に多く、一部はあごが小さい人にもみられます。

陰虚の場合は舌が小さくなり、苔が少なくなる傾向があります。

淤血の場合は舌に淤斑ができたり舌の色が紫にみえます。

また、舌下静脈が太く腫れていることが多いんです。

血虚になると舌の色は赤みが少なく淡い色になります。

舌尖は心を表しています。

舌尖が赤い場合、心に熱があるとされます。

舌ってカラダの状態を簡単に確認できる「センサー」なんです。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です