老化の原則は腎の働きがきめて

人生=腎精(じんせい)だったりして

スタート

1日は24時間。

1年が365日。

人は、時間とともに老化していきます。

皆さんに平等に与えられた時間の流れです。

でもね、一人一人違いはあるんです。

それは、寿命。

つまり、老化のスピードです。

東洋医学の考えでは体内に人生を左右するエネルギーが内蔵されているんです。

腎がきめて

生まれてくる時に親からもらってでてくるエネルギーのコトを「腎精」と言います。

毎日、生きているので腎精も減っていきます。

消耗した分は食事で補うことに。

それでも、完全に補うことはできないんです。

つまり、少しずつ減り続けています。

腎精がなくなった時、人生も終わります。

腎は腎精の宿

腎精は腎に宿っています。

腎の働きとして、おしっこ関係、冷え、老化、免疫、不安などに関わっている「身体の湯たんぽ」です。

冬の冷えで夜間にトイレに何回もおきるのも「腎」が冷えて「ぬるい湯たんぽ」になっているからなんです。

他にも「認知症」や「ねたきり」も腎精の低下なんです。

腎精チェック!

"大</p

足首の近くに

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です