不妊症にある問題と中医学(漢方)

盛岡の中医学のテスト会場でTully’sのソイラテを飲みながら

Tully's

うれしい!ツイテル!ハッピー!

青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。

なんとテスト会場に1番ノリ〜

どんだけ気合いが入っているのか (^^)

不妊症にある問題 何暁霞(ふうしょうしゃ) 先生の凄すぎる講義

中医学

テストの後は、中医学の勉強です。

今回の講師は、、、、

何暁霞(ふうしょうしゃ)先生。

経歴が凄い!

上海中医薬大学医学部卒業後、附属龍華病院内科医として勤務。

その後、来日され東京大学大学院卒業。

現在、日本中医薬研究会中医学講師としてご活躍中。

中国語・日本語・英語を使いこなす国際派!相談はやさしい雰囲気で行われます。気功にも精通しており、『気』という面からも健康をサポートいたします。

ね、太文字の部分。

東京大学街学院卒業って東大の大学院ですよ (^^;)

勉強会ダイジェスト

1)卵子の酸化と老化

2)卵子の質を上げるために多くのやり方

多くの情報のために、細かいコトをするより、総合的に始める方が良い

1種類のサプリより1種類の漢方

3)卵子の質の問題

陽性陰衰

陰盛陽衰

4)女性の睡眠とホルモンバランス

夜が遅いと女性ホルモンが抑制され男性ホルモンが、、、

つまり、睡眠時間と妊活は凄く大切なコト。

妊活は健康になること。

健康は生活習慣で改善できるんです。

よりよい妊娠と出産

卵子の質を改善するのに漢方はどうでしょう?

今日の授業では、妊娠も大切ですが、それ以上に出産までが大切ということ。

妊娠したら終わりじゃないんです。

妊娠しにくいということは妊娠の維持がしにくいということ。

当店に不妊相談にこられる方には母乳が終わるまでとご説明させていただいています。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です