夜泣を科学的に対応してみたら、、、こうなった

くすりの厚生会でツキを呼ぶ波動水を飲みながら

うれしい!楽しい!ツイテル!ハッピー!

青森市の体質リフォーム子宝カウンセラー「シロクマ」(岩本益宏)です。

 

医療の専門家が提案する夜泣き対策

夜泣き

目から鱗です (^^;)

欧米とアジアでは子供の睡眠に違いがあるんですね。

日本では添い寝が圧倒的に多いと思います。

でも、アメリカでは新生児でも別の部屋で一人で寝かせるそうです。

特に、働く女性にとって睡眠時間は大切ですよね。

でも、赤ちゃんを一人にしておくって心配です。

添い寝が赤ちゃんに良くないと言っている方もいます。

米国小児科学会は添い寝に反対しています。

理由は乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを高めるとのこと。

これまた、ややこしいことで、添い寝はSIDSを減らすという報告もあります (^^;)

どうも、親の生活習慣が問題のような気がします。

添い寝でSIDSが減るというのには、条件があったんです。

肥満であったりお酒(飲酒)を飲んでいる場合を除いて、、、

つまり、肥満やお酒を飲んで添い寝をするとSIDSが高くなるのかもしれませんよね。

 

やっぱり添い寝だけどコツがあるんです

寝顔

記事の中でとても日本的な赤ちゃんの夜泣き対策が書かれています。

夜泣きは夫婦の仲も悪くする可能性が大!

特に、母乳の場合は、お母さん一人が24時間体制になってしまいます。

ファーバー方式って聴いたことありますか?

赤ちゃんが夜泣きをしても、直ぐにはあやさないという方法です。

チョット日本では考えられない方法ですよね。

意外と効果的らしいのですが、日本では虐待と思われかねないです。

そこで、折衝案が書かれています。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です