夫婦の寝室って同室それとも別々

くすりの厚生会でドトールのコーヒーを飲みながら本日2本目の記事アップ!

うれしい!楽しい!ツイテル!ハッピー!

青森市で体質リフォーム子宝カウンセラーしている「シロクマ」(岩本益宏)です。

お客様からコーヒーの差し入れ (^^)

いつからコーヒーが好きになったんだろう、、、って思い出せません。

なんか、最初はコーヒー牛乳がきっかけだったような?

高校生の時には普通に飲んでいました。

大学の頃から中毒症状が (^^;)

なんとなく、パソコンと関係がありそうです。

パソコンにハマりだしたのが高校3年の頃でしたから。

 

夫婦の寝室って

27

気になるニュース (^^;)

夫婦の寝室についてです。

一緒か別々か?

我が家は一緒。

ベッドも1つです。

チョット狭いですけどね。

「あなたは一緒派? 別々派? いまどき夫婦の寝室事情」

8割の夫婦が一緒の寝室だそうです。

理由が気になりますよね。

ここでは、記事に出ていた理由を私に当てはめて応えてみました。

●(一緒派)会話タイムが確保できる

我が家ですと、一緒に同じベッドで寝ているのですが、寝る時間が違うので会話は無し (^^;)

寝言を会話というのであれば、アリかな〜

●(別々派)自分のペースで過ごせる

これも、いろいろと意見があると思います。

あくまでも、我が家のことですが、、、

奥さんが20時から21時には寝ます。

それも、爆睡状態 (^^)

起きません。

実際に、大きな地震の時でさえ私に無理矢理、起こされたくらい。

なので、一緒に寝ているのに別々に寝ているのと変わらないんですね。

私が何時に寝ようが、ウルサくしようが関係ないって感じです。

●(気分による派)「たまには一人が気分転換になる」

たまには一人、、、

私が月に1日から3日は出張で家にいないんです。

なので、お互いに自然と一人で寝ることに。

普段は、別々に寝ようとは、お互いに言ったことがありませんね。

別々に寝たいって思ったこと無いかも。

睡眠って凄く大切なんです。

肉体的な疲労より精神的な疲労を回復してくれます。

体より心のために眠っているんです。

無理して、睡眠時間を短くするより、睡眠時間を増やした方が集中力も上がりやすいですし、仕事の効率も上がるんですよ。

一緒の寝室でも、別々の寝室でも、お互いに気持ちよく眠れる環境が一番なんです。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です