冬の冷え対策 こだわりの入浴剤と温灸

自室でコーヒーを飲みながら

うれしい!楽しい!ツイテル!ハッピー!

体質リフォーム子宝カウンセラーのシロクマ(岩本益宏)です。

 

日中、おかげさまで本当に忙しかったです。

ブログの更新が、今になりました(19時40分)

最近、本当に寒くなっています。

妊活でも、カラダを積極的に温めることが大切になっています。

今くらいから、少しずつ基礎体温のグラフが低くなってくるんです。

また、ジグザグになって来る場合もあります。

体温が低いと病気になりやすいって聞いたことありませんか。

体温が下がると免疫機能も低下しやすくなります。

じつは、基礎体温が上下に大きく振れている時は、免疫機能が低下している場合が多いんですよ。


自宅のお風呂が温泉に

270013_20130513185416

これからの季節、シャワーはカラダが冷えてしまいます。

ストレス解消のためにもお風呂がいいんです。

お風呂と言えば、入浴剤。

当店では、入浴剤にも「こだわり」があります。

それは、無着色、無香料。

皆さんが使っている入浴剤、内容を見たことありますか。

是非、パッケージを見て欲しいんです。

臭いや色は、人工的に付けられたモノなんですよ。

妊活で大切なコトは少しでもカラダの負担を少なくすること。

特に、男性の精子は添加物などに弱いんです。

であれば、入浴剤も選んだ方がいいと思いませんか?

肌は、呼吸しています。

そして、水分調整もしています。

入浴剤だって、カラダの負担が少ない方が、より楽しお風呂タイムになるのではないでしょうか。

もちろん、効能だってしっかりしています。

しっかり明記してあるんですよ。

「産前産後の冷え性」

どうです。

入浴剤に少しだけこだわってもイイと思いませんか?

他にも、疲労回復や腰痛、荒れ性などなど、、

漢方専門店が扱っている入浴剤はひと味違います (^_^)

 

温灸も効果的

DSCF8646
温灸器

服の上からでも大丈夫 (^_^)

オススメは次の3つ

神闕(しんけつ)
おへそ

関元(かんげん)おへそから約5センチ下

気衝(きしょう)
股関節の位置

命の源が宿る場所を温めましょうね。

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です