妊活中にダイエットしていいの?

○5月4日
いつも青森駅スターバックスでラテ(低脂肪)を飲みながら
うれしい!楽しい!ツイテル!ハッピー!
青森市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。

○どちらも正しい妊活ダイエット

28_20130504091440.jpg
よく、ネットとかで不妊の要因として肥満って目にすると思います。
逆にダイエットが不妊の要因の場合もあります。
さて、どっちが正しいのでしょうか?
これは、どちらも正しいんです。
簡単なコトです。
健康のタメであれば、大丈夫なんです。
標準体重なのにダイエットしたら、、、
標準体重をオーバーしているのに、ナニもしなかったら、、、
これだけの話なんですね。
ダイエットが問題じゃ無いんです。
なんか、凄く不妊治療中のダイエットのことを誤解している方が多いのが気になります。
健康なカラダを作ることが妊娠しやすいカラダ作りの基本。
妊活生活って
健康なカラダ=妊娠しやすいカラダ
これって普段の生活習慣を改善する目安としてのダイエットなんですよ。
そして、ダイエットに詳しい子宝カウンセラーに相談することも大切です。
○邵氏 先生と話をして気づいた肥満と不妊
実は、邵氏(ショウキ)先生(タンポポ茶 ショウキT-1開発者)とお話ししたときに、最近の不妊の原因に「食べ過ぎ」が関係しているかもしれないと言われたんです。
特に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)などは、そうなのかもしれませんよね。
肥満は、ホルモンバランスが崩れる可能性があります。
それによって、妊娠しにくいカラダになっていることも。
ダイエットと妊活については「和みひろば」
夜の食事は太りやすい?排卵、着床に影響あり・・・。
http://www.nagominin-funin.com/place/2013/05/-o-1.html
○標準体重に近い方が何故ダイエット?
標準体重に近い方が痩せると、逆にホルモンバランスが崩れます。女性は、脂肪が意外と大切な役割をしています。
急激に脂肪を減らすと、月経が止まったりすることも。
月経周期が乱れると、もちろん、排卵も乱れます。
○月経周期はストレスの影響を受けやすい
月経周期は、女性ホルモンで調整されています。
女性ホルモンは脳でコントロールされているんですね。
女性は、体重の増減で脳に大きなダメージを感じてしまいます。
つまり、「体重の減少」によるストレスです。
ダイエットのし過ぎで急激に体重を落としたりするとストレスを感じてしまうんです。
ゆっくり体重を減らしても、結果として大幅なダイエットは巣とれるになることがあります。
脳はとても大きなストレスを感じると、卵巣への命令をストップするんです。

○妊活でダイエットは必要です

肥満の方はダイエットが必要です。
それは、より健康になることで妊娠しやすいカラダになるためです。
ただし、しっかりと管理してもらうことが大切。
妊活中のダイエットはホルモンバランスに影響が大きいからです。
相談してみてくださいね (^_^)
○これからの日程
2013年5月16日
子宝セミナー第2弾「温灸偏(体験)」

主催 くすりの厚生会
開催場所 くすりの厚生会 店内
電話 017-722-4421
開催時間 13:00~15:00
講師 子宝カウンセラーの会 温灸指導士
浅野文太 先生
妊活以外でも個別相談も伺います(膝、腰、肩などの痛み)

完全予約制:先着10名限定

Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com
妊活ネット くすりの厚生会

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です