妊娠しやすい漢方的カラダ作りをスタートさせるために、、お役に立てること

青森市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。

子宝を授かりやすいカラダ作りに

68_20130117173716.jpg
今現在、色々な分野で不妊治療の研究が進んでいますよ。
1:血流を高めて冷え対策
冷え症の方は、血流も滞りがちに。
第129回日本不妊学会関東地方部会(2004年)にて発表

2:抗酸化作用で細胞を若々しく
過剰な活性酸素は生殖細胞はもちろんのこと、あらゆる細胞を傷つけます。
後年kと加齢のヘルスケア Vol.4 No1,93-99,(2005)

3:卵巣の若さを保つ
抗加齢ホルモンと言われているDHEASを高めることで、卵巣の若さを保つ坑ミュラー管ホルモンが大切なんです。
第4回 日本抗加齢医学会総会(2004年6月)にて発表、Reprod Biomed Online,(2010)21,360-365

4:受精卵の着床を助ける
受精卵の着床を助けることで胎盤作りの環境を整えます。
Junrnal of Endocrinology(2008)196,425-433
台56回日本生殖医学界(2011年12月)にて発表
漢方的妊活は、良い卵と良いフカフカベッド(内膜)を作るためのサポートをしてくれるんです。

今からスタートしても遅くはないんですよ。
今の生活環境を振り返ってみてください。

2013年3月23日
子宝セミナー 「妊活支援市民講座」

主催   くすりの厚生会
開催場所 ねぶたの家 ワ・ラッセ 交流学習教室
開催時間 13:00~15:00
講師   子宝カウンセラーの会 筆頭学術講師 温灸指導士
      柳田浩二 先生
基礎体温表をお持ち頂けましたら個別相談も伺います

完全予約制:先着30名限定

Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com
妊活ネット くすりの厚生会

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です