長びく不正出血を改善して妊娠しやすいカラダに

青森市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。
出血って血が「もれ」ているかも
01-31-3003_20121029160855.jpg
不正出血の原因と一口で言って沢山の原因が考えられます。
はいらんきの少量の出血は、余り問題がないことが多いようです。
それでも、少ない確率ですが子宮の病気が隠れていることもありますので婦人科でみてもらってくださいね。
病院で検査して原因がよく解らず出血量が多い場合には止血剤などを使うことが多いようです。
中医学の場合(中国漢方)、止血と言うより「血」の漏れと捉えて対策を考えるんです。
つまり、漏れる原因を探るんですね。
女性の場合、仕事や子育ての疲労などでカラダのエネルギーが消耗して「気」が不足していることがあります。
「気」は「血」を不用意に漏らさないようにする役目があるんです。
疲労などで気が不足することで、不正出血になることがあるんですよ。
また、血の流れが悪くなると淤血も抱えることに。
原因不明の不正出血の時には、カラダを休め、気を補う漢方を使ってみてくださいね。
Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com
妊活ネット くすりの厚生会

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です