脳と中医学 痴呆症について 1

青森市で子宝と妊娠を子育てまで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。
もの忘れが多くなった?
18.jpg
最近、お店で話題になるのが、チョットした物忘れの話です。
健康相談ではないのですが、ちょっとしたきっかけで、物忘れの話になることが多いと思います。
すぐさま「ボケ」ということではないと思いますが、少し心配ですよね。
「ボケ」つまり痴呆症のことですが、大きく分けて2つのタイプがあると思います。
動脈硬化などで脳の血流が悪くなると、脳の栄養が不足します
不足すると、やはり記憶などに影響がでて来ると思います。
また、脳血管が詰まることにより、脳血管性痴呆症になりやすいのです。
日本人の痴呆症の約60%がこのタイプといわれています。
対策
予防としては、やはり淤血の予防です。
中成薬(中国漢方)の活血化淤剤(血行改善薬)が効果的です。
淤血(血の滞り)を取り除いたり、淤血を予防することで、脳血栓の予防になるのです。
Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com
妊活ネット くすりの厚生会

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です