基礎体温が低すぎて心配

青森市で子宝と妊娠を出産まで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。
低温期が35度台で冷え性、これからの季節がつらい
230019_20121017151942.jpg
基礎体温が全体的に低めで冷えを強く感じる女性は以外と多いんです。
夏でも、厚手の靴下を使用したり、足が冷えすぎて眠りにつきにくいなど、冷え性は妊活だけではなく、普段の生活も不快にすることがあります。
中医学では「腎」の機能が低下していると考えます。
腎には多くの機能(働き)があります。
カラダを温める能力を「腎陽」といいます。
腎陽の働きが低下することで、体を温めるのが苦手状態になっているんですね。
妊活での「腎陽」の働きは、黄体ホルモンのコントロールです。
腎陽の働きが低下していると、受精卵が子宮内に着床しにくい状態になっているんですね。
食生活では、黒い食材を選ぶことがコツです。
黒ごまや黒米などですね。
他にも、エビや鶏肉などもオススメです。
バランス良く食べることが大切!
カラダにイイからといって、特定の食材ばかりでは、カラダのバランスが崩れやすくなりますよ。
Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com
くすりの厚生会 青森店

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です