多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の中医学的アプローチ

青森市で子宝と妊娠を出産まで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。
カラダの余分な水分調整と「血」の巡りを改善

01-39-4097_20120930115604.jpg

卵胞が途中まで育っているものの、成熟できないため排卵ができない症状をた嚢胞性卵巣症候群といいます。
原因の一つとして、男性ホルモンの分泌異常があります。
そのため、肥満気味や痩せていて毛深いなど見受けられることがよくあります。
このような症状の場合、中医学的(中国漢方)には「腎虚」症状で、卵子の成長環境があまり整っていない場合が多いようです。
さらに余分な水分や脂肪など「痰湿」(たんしつ)が多いのも特徴です。
そのため、「血」の流れも悪く「淤血」(おけつ)症状のため妊娠しにくい状態になっています。
まずは、淤血を改善するために血流を良くする漢方や、痰湿を取り除く漢方を使いながら「腎」を補う補腎薬を用い排卵をうながす方向にカラダを向けていきます。

Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com
くすりの厚生会 青森店

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です