夏の食養生 その2

青森市で子宝と不妊を出産まで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。

暑い夏でもお腹が冷える

脾胃を大切にする
暑湿タイプ
日本の夏は湿度が高いのが特徴です。
暑くて湿度が高いと「湿邪」が体に影響を与えます。
水分をコントロールするのは脾胃の仕事です。
でも、暑い夏には冷たいモノを摂り過ぎたり、冷房などで体が冷えたりして、水分をコントロールするための脾胃が弱ってしまうんです。
脾胃が弱ると湿邪が溜まってしまって症状が出てしまいます。
吐き気や嘔吐
軟便
下痢
食欲不振
胃の膨満感
その他に湿度が高くなると頭が重く感じたり、倦怠感を感じることがあります。
中医学(中国漢方)では湿邪を取り除く漢方を使用します。
生活環境も大切です。
エアコンの調整
ときどき外に出る
長袖やブランケットを使用する
など、生活の中でも注意することが大切です。
食の養生
利尿作用や解毒作用のあるものや胃のむかつきを抑えるモノを食べるようにします。
緑豆
もやし
梅干し
シソ
柑橘類
Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com
くすりの厚生会 青森店

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です