夏の水分補給は水を生み出して対応

青森市で子宝と不妊を出産まで漢方で応援する くすりの厚生会 岩本益宏です。
ねぶた02
ついに、始まります。
夏祭り。
最高の暑さに最高の熱気!
もう、汗が出まくり、それこそ滝のように流れていきます。
水分補給は大切です。
でも熱中症予防も水だけでは難しいんです。
カラダからミネラルが不足してしまうから。
中医学(中国漢方)では、夏の暑い日を特別扱いします。
カラダの負担が大きいからです。
もちろん、中医学(中国漢方)は予防をしっかりとします。
水を補給するほかに、水を生み出すことを考えているんです。
凄いでしょう。
詳しくは、師匠の路京華 先生にお願いします。
汗かく夏は水分生む食べ物を
夏は汗をかく。
これも度を過ごすと、疲労倦怠感、息切れ、動悸など、さまざまな身体の不調を引き起こすので注意が必要である。
中国漢方では汗を、からだ全体をみずみずしく保つ津液(水)の仲間と考えている。
血と津液(しんえき)をあわせて陰液と呼び、2つの間には密接な関係がある。  
汗をかくと、身体全体の水分が減少し、同時に気(エネルギー)も消耗する。
これは血液の濃度や心臓の働きにも影響を及ぼし、心臓への負担を増大させる。
汗のかき過ぎからくる動悸、息切れなどは、心臓からの注意信号と理解したい。
このことからも、夏の食養生のポイントは、体に水分を生む食べ物を上手にとることである。  
夏の中国では梅を好んで食べる。
梅の薬効はいくつかあって、第1に、酸っぱいものは唾液の分泌をうながし、体液を生み出す作用がある。
第2に、収斂作用は汗腺を引き締めて、汗のかき過ぎを抑えてくれる。
第3に、梅のもつ抗菌・抗アレルギー作用は、食あたりの予防にもなる。  
薬用としては、梅の未熟果実を黒焼き(蒸し焼き)にした「烏梅」がよく使われる。
中国では、烏梅と山ざ子に氷砂糖を加えたドリンク「酸梅湯」がよく飲まれる。  
中国でよく使われる漢方薬としては、元気をつける人参、収斂・止汗作用のある五味子(ごみし)、体液を補う麦門冬(ばくもんどう)などの生薬からなる「生脈(しょうみゃく)飲(散)」がある。
路 京華(中国中医研究院広安門医院主治医師) 1993年8月15日 読売新聞
Facebookページ 不妊あおもり
不妊あおもり.com

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です