ダイエットにも効果的な血の流れは、流れが滞ると太りやすくなる? #6

血の流れって、全身に働きかけている。
それこそ、頭の先から足の指先まで。
栄養を運び、老廃愚物を運ぶ。
誰もが知っていること。
知っていても、意識はしていない。
だから、無理なダイエットをしているのに、思った通りに痩せなかったりする。
最近のダイエットで気になるのが、とにかく使う方ばかり。
使ったら老廃物が、使っただけ、出る。
そして、この続きもある、ということ。
老廃物を、どうやって、身体の外に出すのか。
考えてダイエットしてます?

うれしい!ツイテル!ハッピー!
青森市の子宝カウンセラー「シロクマ」です。
変わると楽し♡がやって来ます♪( ´▽`)

IMG 1406

今朝は、メチャメチャ、ダラダラ (^0^)
このソファーはニトリの「ビーズソファ」。
別名、駄目になるソファー。
座ったら、立ちたくなくなる (^_^;)
お店で試して、ついつい買ってしまった。

ここでコーヒーを飲みながら、音楽と本を楽しむ。
背中から肩にかけて、緩んでいくのが分かる。
気づかないうちに背中や肩が凝っているんだな〜って。
漢方(中国漢方)では、淤血(おけつ)と表現します。

血の流れに大きな影響を与えるのが血の質。
血の粘りが強くなると、もちろん流れにくくなります。
それが進むと固まりやすくもなります。
このような状態が淤血(おけつ)。

脳や心臓などの循環器疾患は、チョット怖いですよね。
でも、人の体は病気の前に注意をしてくれています。
肩こりや冷え。
これらが、身体全体で悪化していくことでガンや肝臓病、腎臓病などのきっかけにもなるんです。

淤血(おけつ)は全ての病の元ということは、分かりましたよね。
原因は?
ここで、漢方の「気」という概念が必要になるんです。
気は体内の血流を巡らせ、臓器を元気にする働きがあるから。
そして、淤血がしょうじるメカニズムもこの気が関わっているんです。

淤血のメカニズムには大きく分けて3つ。

1)心気(しんき)の低下
これは血液を全身に運ぶための心臓の働きが低下しているという意味です。

2)血管が細くなることで血の流れが悪くなる

3)血の質が変化してしまい、サラサラからドロドロへ。
そのために、流れが滞るようになってしまう。

基本はこの3つで、血の流れが健康へ影響する原因なんです。

みんな知っているんですよね。
生活習慣を変えることで、病気を予防できること。
でもね、できない、続かない。
そもそも、スタートさえ無理。
三日坊主なんか、まだ、良い方 (^0^)

めんどくさい人は漢方を知ることで、楽になれます。
自由に生きれます。
だって、簡単だから (^0^)

1日という時間がステキ。
生きているから\(^o^)/

IMG 1402

YouTube シロクマチャンネル
Facebook 岩本益宏 で検索
Facebookページ不妊あおもり.com
Twitter 不妊あおもり.com くすりの厚生会
Google+ 岩本益宏 で検索
Instgramu sirokuma_aomori

くすりの厚生会のアクセスはこちらをクリックしてくださいね。

電話はこちらへ:017-722-4421

Share Button

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です